「はぐれ刑事純情派〈14〉」の魅力

スポンサーリンク

「はぐれ刑事純情派〈14〉」の魅力

はぐれ刑事純情派〈14〉とは。

2001年4月から9月までテレビ朝日系列で放映された日本のテレビドラマ「はぐれ刑事純情派」の第14シリーズです。全24回で、出演者は藤田まこと、眞野あずさ、ケイン・コスギなどです。

藤田まことの熱演が光る

藤田まことの熱演が光る

藤田まことの熱演が光る

「はぐれ刑事純情派」シリーズの主人公、安浦刑事役を演じた藤田まことは、本作でその名を不動のものにし、国民的俳優の地位を確立した。藤田は、安浦刑事を演じるにあたって、徹底的に役作りを行った。安浦刑事の出身地である鹿児島弁を完璧にマスターし、安浦刑事のトレードマークであるサングラスも、藤田本人が私物として購入したものだ。また、藤田は、安浦刑事が事件を捜査する際に、犯人に対して厳しく接する一方で、被害者やその家族に対しては優しく接するなど、安浦刑事に人間味を持たせることに成功した。藤田の熱演は、視聴者に安浦刑事を身近な存在として感じさせ、「はぐれ刑事純情派」シリーズを大ヒットに導いた。

眞野あずさとケイン・コスギの活躍も目立った

眞野あずさとケイン・コスギの活躍も目立った

眞野あずさとケイン・コスギの活躍も目立った

「はぐれ刑事純情派〈14〉」には、安浦刑事(藤田まこと)と山さん(中条きよし)のコンビ以外にも、魅力的なキャラクターが多数登場します。その中でも、特に目を引くのが、眞野あずさとケイン・コスギの活躍です。

眞野あずさ演じる小暮課長の娘・小暮秋子は、安浦刑事に憧れ、警察官を目指して奮闘する若手刑事です。純粋で正義感の強い性格ですが、おっちょこちょいなところもあり、失敗を繰り返しながらも懸命に成長していきます。

ケイン・コスギ演じる矢島刑事もまた、安浦刑事に憧れる若手刑事です。格闘技の達人で、正義感が強く、曲がったことが大嫌いです。真っ正直な性格で、安浦刑事を尊敬しており、彼の背中を追いかけて成長していきます。

小暮秋子は、安浦刑事の娘である小暮陽子(大路恵美)と仲良くなり、二人の間には友情が芽生えます。また、矢島刑事も、陽子に淡い恋心を抱くようになります。

小暮秋子と矢島刑事の活躍は、「はぐれ刑事純情派〈14〉」の見どころの一つです。二人は、安浦刑事と山さんのコンビとはまた違った魅力があり、ドラマに華を添えています。

エンディングテーマが印象に残る

エンディングテーマが印象に残る

「はぐれ刑事純情派〈14〉」のエンディングテーマは、番組の魅力をさらに引き立てる重要な要素となっています。エンディングテーマは、番組の雰囲気を決定づけるだけでなく、視聴者に番組の余韻を残す役割も果たしています。

「はぐれ刑事純情派〈14〉」のエンディングテーマは、番組の歴史とともに変化してきました。初期のシリーズでは、桑名正博が歌う「セクシャルバイオレットNo.1」が使用されました。この曲は、番組のテーマである「純情」をストレートに表現した歌詞と、桑名の力強い歌声が特徴的なナンバーです。

番組が進むにつれて、エンディングテーマも変化していきました。第7シリーズからは、長渕剛が歌う「とんぼ」が使用されました。この曲は、番組の主人公である安浦刑事の生き方を象徴するような歌詞と、長渕の魂のこもった歌声で人気を集めました。

さらに、第11シリーズからは、さだまさしが歌う「風に立つライオン」が使用されました。この曲は、番組のテーマである「正義」を表現した歌詞と、さだの優しい歌声が特徴的なナンバーです。

「はぐれ刑事純情派〈14〉」のエンディングテーマは、番組の魅力をさらに引き立てる重要な要素となっています。それぞれのエンディングテーマは、番組の雰囲気を決定づけるだけでなく、視聴者に番組の余韻を残す役割を果たしています。

タイトルとURLをコピーしました