古典落語の名作「世辞屋」の魅力

スポンサーリンク

古典落語の名作「世辞屋」の魅力

世辞屋とは。

「世辞屋」とは、古典的な日本の落語演目のうちのひとつであり、初代三遊亭圓朝によって創作されました。

初代三遊亭円朝の代表作

初代三遊亭円朝の代表作

初代三遊亭円朝の代表作である古典落語「世辞屋」は、世渡り上手な「世辞屋」という男の物語です。世辞屋は、誰にでも愛想よく接し、巧みな話術で人を丸め込みます。ある日、世辞屋は長屋に住む大家の娘に一目惚れをし、結婚を申し込むことに。しかし、大家は娘を世辞屋に嫁がせることを頑なに拒否します。そこで世辞屋は、大家の機嫌を損ねないように、大家の嫌っている人物の悪口を言い始めます。大家は世辞屋の言動にまんまとだまされ、娘を世辞屋に嫁がせることを承諾してしまいます。

世辞屋と娘の結婚生活は、幸せに満ちたものではありませんでした。世辞屋は、娘に対して暴力を振るい、酒癖も悪くなります。娘は、そんな世辞屋に耐え切れなくなり、ある日ついに家出をしてしまいます。世辞屋は、娘を連れ戻そうとしますが、娘は世辞屋のことを完全に拒絶してしまいます。世辞屋は、娘を失ったことで、世渡りの術を完全に失い、やがて物乞いの身となってしまいました。

「世辞屋」は、世渡り上手な男が、その巧みな話術によって、一時的に成功を収めるものの、最終的には破滅を迎えるという物語です。この物語は、世渡りをするためには、誠実さや人との信頼関係が大切であることを教えてくれます。

人々を褒め称えることを生業とする「世辞屋」

人々を褒め称えることを生業とする「世辞屋」

人々を褒め称えることを生業とする「世辞屋」

世辞屋とは、人々を褒め称えることを生業とする職業です。江戸時代には、世辞屋が町を歩き回り、人々を褒め称えていました。世辞屋は、人々から褒め称えてもらうことで、気分を良くしてもらおうとしていました。世辞屋は、人々から褒め称えてもらうことで、お金を稼いでいました。

世辞屋は、主に町を歩き回り、人々を褒め称えていました。世辞屋は、人々の服装を褒め称えたり、人々の容姿を褒め称えたり、人々の仕事ぶりを褒め称えたりしていました。世辞屋は、人々を褒め称えることで、人々から気分を良くしてもらおうとしていました。

世辞屋は、人々から褒め称えてもらうことで、お金を稼いでいました。世辞屋は、人々から褒め称えてもらうことで、お金をもらっていました。世辞屋は、お金をもらうことで、生活をしていました。

世辞屋は、江戸時代には、人々から人気のある職業でした。世辞屋は、人々を褒め称えることで、人々から気分を良くしてもらっていました。世辞屋は、人々から褒め称えてもらうことで、お金を稼いでいました。世辞屋は、江戸時代には、人々から人気のある職業でした。

世辞屋と乞食のやり取りに笑いと教訓

世辞屋と乞食のやり取りに笑いと教訓

-世辞屋と乞食のやり取りに笑いと教訓-

古典落語の名作「世辞屋」には、世辞屋と乞食のやり取りが印象的なシーンがあります。世辞屋は、乞食に「よく見ればなかなかの男前ですね」「お肌もつやつやしていますね」など、ベタ褒めします。乞食は、世辞屋の言葉を真に受けて、すっかりご機嫌になります。

しかし、世辞屋が立ち去ろうとすると、乞食は「おい、お前、褒めたんだから金を出せ」と要求します。世辞屋は、「私は世辞を言っただけで、金は払いません」と拒否します。乞食は、「それでは嘘をついたことになるではないか」と怒ります。

世辞屋は、「嘘ではありません。私は君の容姿を褒めただけです。君の容姿は確かに立派ですが、君の性格は乞食そのものです。乞食に金は払いません」と言い放ちます。乞食は、世辞屋の言葉に納得せず、「お前はケチだ」と罵ります。

この世辞屋と乞食のやり取りは、笑いを誘うだけでなく、教訓も含まれています。世辞屋は、乞食にベタ褒めすることで、乞食を騙して金を出させようとしています。これは、世渡り上手な世辞屋の姿を描いています。しかし、世辞屋は、乞食の性格を見抜いて、金は払いません。これは、世辞屋が、世渡り上手であるだけでなく、誠実な一面もあることを示しています。

乞食は、世辞屋の言葉に騙されて、金を出そうとします。これは、乞食が、世間知らずで騙されやすい一面があることを示しています。しかし、乞食は、世辞屋の言葉を真に受けて、ご機嫌になるほど、単純な人物ではありません。乞食は、世辞屋の言葉に納得せず、「お前はケチだ」と罵ります。これは、乞食が、世間知らずで騙されやすい一面があるだけでなく、プライドの高い一面もあることを示しています。

世辞屋と乞食のやり取りは、人間の本質を描いた、笑いと教訓に満ちたシーンです。

タイトルとURLをコピーしました