煙突掃除の少年:ルース・レンデル作のサスペンス

スポンサーリンク

煙突掃除の少年:ルース・レンデル作のサスペンス

煙突掃除の少年とは。

「煙突掃除の少年」は英国の作家ルース・レンデルによる、1998年のサスペンス小説である。原題は「TheChimney-sweeper’sBoy」。

陰鬱な英国の街を舞台に繰り広げられる物語

陰鬱な英国の街を舞台に繰り広げられる物語

陰鬱な英国の街を舞台に繰り広げられる物語

ルース・レンデルの小説「煙突掃除の少年」(原題The Chimney Sweeper’s Boy)は、陰鬱な英国の街を舞台にしたサスペンスである。主人公は、13歳の少年ジム。彼は煙突掃除の少年として働いているが、その働き口は劣悪で、彼はしばしば虐待を受けている。ある日、ジムは煙突掃除中に伯爵の屋敷に迷い込んでしまう。そこで彼は、屋敷の主である伯爵と出会う。伯爵はジムを気に入り、彼に屋敷で働くように勧める。ジムは伯爵の勧めに応じ、屋敷で働くようになる。しかし、伯爵の屋敷には秘密があり、ジムは次第にその秘密に近づいていく。

ある日、ジムは屋敷の地下室で伯爵の死体を発見する。伯爵は殺害されており、その犯人は屋敷の使用人であることが判明する。ジムは使用人たちに追われる身となり、命からがら屋敷を脱出する。ジムは伯爵の死の真相を突き止めるために、再び屋敷に向かう。そして、伯爵の死の背後に隠された秘密を暴いていく。

主人公は煙突掃除の少年、トム

主人公は煙突掃除の少年、トム

主人公はトムという少年です。彼は貧しい家で生まれ、厳格な父親に育てられました。トムは10歳のときに煙突掃除の仕事を始めました。これは危険な仕事でしたが、トムは家族を助けるために一生懸命働きました。

ある日、トムは裕福な家の煙突を掃除しているときに、壁の後ろから泣き声が聞こえてきました。トムは声のする方へ行き、壁の穴から覗いてみました。そこには、小さな男の子が閉じ込められていました。男の子は、自分の名前はジャックだと言い、トムに助けてくれるように頼みました。

トムはジャックを助け出すために、壁を壊そうとしましたが、壁は厚すぎて壊すことができませんでした。そこでトムは、別の方法を考えることにしました。トムは煙突を上って屋根に上がり、そこからジャックのいる部屋の窓に飛び込みました。そして、ジャックを窓から引きずり出して、助けることができました。

ジャックはトムに感謝し、二人は友達になりました。ジャックはトムを家に連れて行き、トムに夕食をごちそうしました。トムはジャックの家で、初めて暖かい食事とベッドを体験しました。トムはジャックの家で幸せな時間を過ごし、ジャックの家族に感謝しました。

トムは翌日、ジャックに別れを告げて、家に戻りました。トムはジャックに会うために、またジャックの家を訪れることを約束しました。トムは、ジャックに出会ったことで、人生が変わったことを実感しました。トムは、ジャックに感謝し、ジャックの家族に感謝しました。

トムは殺人事件に巻き込まれてしまう

トムは殺人事件に巻き込まれてしまう

トムは、人生に希望を失っていた少年で、両親に愛されておらず、学校ではいじめられていた。そんなある日、彼は煙突掃除の仕事に就き、そこで殺人事件に巻き込まれてしまった。犯人は、トムが掃除をしていた煙突から侵入し、家の中で老女を殺害したのだ。

トムは、犯行現場を目撃してしまい、犯人に追われることになった。彼は必死で逃げ回り、なんとか警察に保護された。しかし、警察はトムの証言を信じず、彼は殺人犯として逮捕されてしまった。

トムは、刑務所に収監され、そこで過酷な日々を送ることになった。彼は、他の囚人たちにいじめられ、看守からも虐待された。トムは、絶望の淵に立たされていたが、そこで一人の囚人と出会った。その囚人は、トムを励まし、彼に希望を与えてくれた。

トムは、その囚人の助けを借りて、刑務所から脱獄することに成功した。彼は、再び警察に追われることになったが、なんとか逃げ延びることができた。トムは、新しい人生を始めるために、町を離れ、別の場所で暮らし始めた。

タイトルとURLをコピーしました