イタリアの画家ジーノ・セヴェリーニの「モニコでのパンパン踊り」

スポンサーリンク

イタリアの画家ジーノ・セヴェリーニの「モニコでのパンパン踊り」

モニコでのパンパン踊りとは。

1911年にイタリアの画家ジーノ・セヴェリーニが描いた絵画作品「モニコでのパンパン踊り」は、未来派運動の中心人物の一人、セヴェリーニの代表作として知られる。第一次世界大戦で損傷したため、晩年に再制作された。この作品は、現在パリのポンピドゥー・センター国立近代美術館に所蔵されている。

未来派運動の代表作として知られる「モニコでのパンパン踊り」

未来派運動の代表作として知られる「モニコでのパンパン踊り」

-未来派運動の代表作として知られる「モニコでのパンパン踊り」-

イタリアの画家ジーノ・セヴェリーニが1912年に描いた作品「モニコでのパンパン踊り」は、未来派運動の代表作として知られています。この作品は、パリのナイトクラブ「モニコ」でのダンスシーンを描いたもので、動きと光を強調したダイナミックな表現が特徴です。

「モニコでのパンパン踊り」は、セヴェリーニが未来派運動に参加する以前から構想していた作品であり、セヴェリーニが未来派運動の主要メンバーとなった後、1912年に完成させました。この作品は、セヴェリーニが未来派運動の理論を初めて具体的に表現した作品であり、未来派運動の重要な転換点となりました。

「モニコでのパンパン踊り」は、セヴェリーニがパリに滞在していた1912年に描かれました。セヴェリーニは、パリ滞在中に未来派運動の主要メンバーであるウンベルト・ボッチョーニ、ジャコモ・バッラ、カルロ・カッラ、ルイジ・ルッソロらと出会い、未来派運動に参加しました。セヴェリーニは、未来派運動の理論である「未来派宣言」に署名し、未来派運動の主要メンバーとして活躍しました。

「モニコでのパンパン踊り」は、セヴェリーニが未来派運動の理論を初めて具体的に表現した作品であり、未来派運動の重要な転換点となりました。この作品は、動きと光を強調したダイナミックな表現が特徴であり、未来派運動の理論である「未来派宣言」に沿った作品となっています。

第一次世界大戦で損傷したため、晩年に再制作された「モニコでのパンパン踊り」

第一次世界大戦で損傷したため、晩年に再制作された「モニコでのパンパン踊り」

第一次世界大戦の勃発に伴い、早々とフランス・パリに亡命したジーノ・セヴェリーニは、パリを拠点に戦争支援のための活動に励みながら、絵画制作も続けていた。「モニコでのパンパン踊り」は、1914年5月にミラノのルチアーノ・ザグレベリ画廊で開かれた未来派展に出品された作品である。この展覧会は、戦争勃発直前に行われたセヴェリーニの南仏滞在での体験から影響を受けた作品群で構成されていた。

しかし、第一次世界大戦の激化に伴い、作品はフランス軍の兵舎で使われることになり、損傷を受けることになってしまった。セヴェリーニは戦争終結後この作品を再制作することに決意し、1942年、当時のセヴェリーニの住居であったパリにある、彼のアトリエで完成させた。再制作された「モニコでのパンパン踊り」は、オリジナルの作品とは若干異なっているが、セヴェリーニの未来派的なスタイルは健在である。

パリ、ポンピドゥー・センター国立近代美術館所蔵の「モニコでのパンパン踊り」

パリ、ポンピドゥー・センター国立近代美術館所蔵の「モニコでのパンパン踊り」

パリ、ポンピドゥー・センター国立近代美術館所蔵の「モニコでのパンパン踊り」

ジーノ・セヴェリーニの「モニコでのパンパン踊り」は、1912年に制作された油彩画です。パリ、ポンピドゥー・センター国立近代美術館に所蔵されています。

セヴェリーニは、イタリア人画家であり、未来派の創設者の1人です。この作品は、第一次世界大戦前のパリの街並みを背景に、パンパン踊りを踊る女性たちを描いています。パンパン踊りとは、当時パリで流行していた踊りであり、セヴェリーニは、この踊りからインスピレーションを受けて、この作品を制作しました。

作品には、セヴェリーニの未来派的な作風が駆使されており、直線や鋭角が強調されています。また、セヴェリーニは、この作品で、分割主義という技法を採用しています。分割主義とは、画面を複数の小さな面に分割し、それぞれの面に異なる色を塗る技法であり、この技法によって、セヴェリーニは、画面に動きとリズムを生み出しています。

「モニコでのパンパン踊り」は、セヴェリーニの代表作の1つであり、未来派の傑作としても知られています。この作品は、当時パリで流行していたパンパン踊りを描いた唯一の作品であり、貴重な歴史的資料としても価値があります。

タイトルとURLをコピーしました