「アトンの娘」ツタンカーメンの妃アンケセナーメンとは

スポンサーリンク

「アトンの娘」ツタンカーメンの妃アンケセナーメンとは

アトンの娘とは。

「アトンの娘」とは、里中満智子によって書かれた漫画作品のことです。この作品は、ツタンカーメンの王妃であり、波瀾に満ちた生涯を送ったアンケセナーメンの物語を描いています。漫画「アトンの娘」は、「ビッグゴールド」1993年1号から1994年21号まで連載されました。小学館ビッグゴールドコミックスでは、3巻まで刊行されています。

ツタンカーメンの王妃アンケセナーメンとは

ツタンカーメンの王妃アンケセナーメンとは

ツタンカーメンの王妃アンケセナーメンとは

ツタンカーメンの王妃アンケセナーメンは、ツタンカーメンの妻であり、ツタンカーメンの父であるアクエンアテンとネフェルティティの娘である。アンケセナーメンは、ツタンカーメンと結婚する前には、彼女の兄であるスメンクカーレと結婚していた。しかし、スメンクカーレは短命で亡くなり、アンケセナーメンはツタンカーメンと結婚した。

アンケセナーメンは、ツタンカーメンとの間に子供をもうけることはなかった。また、ツタンカーメンの死後、すぐに再婚した。アンケセナーメンは、アイという人物と結婚し、アイの息子であるホレムヘブの王妃となった。

アンケセナーメンは、古代エジプトの王妃としては、比較的良く知られており、その名前は多くの史料に残されている。アンケセナーメンは、ツタンカーメンの王妃として、また、アイの王妃として、古代エジプトの歴史に名を残した。

アトンの娘の生涯

アトンの娘の生涯

アンケセナーメンは、古代エジプト第18王朝時代の名高いファラオ、ツタンカーメンの妃として知られている。彼女は「アトンの娘」とも称され、太陽神アトン教の崇拝者であった。アンケセナーメンの生涯は謎に包まれている部分が多く、その出生や幼少時代についてはほとんど知られていない。しかし、ツタンカーメンとの結婚後の彼女の生活については、彼女の墓から出土した様々な遺物や史料から、その一端を垣間見ることができる。

アンケセナーメンは、ツタンカーメンの即位直後、紀元前1333年頃に彼の妃となった。彼女は幼少の頃からツタンカーメンと親しく、2人は互いに深い愛情を持っていたと言われている。アンケセナーメンは、ツタンカーメンとの間に少なくとも1人、もしかすると2人の娘をもうけた。しかし、彼女自身の死因や死期については不明な点が多い。アンケセナーメンの墓は、ツタンカーメンの墓の近くで発見され、その中には彼女の棺や遺品が納められていた。彼女の遺体は、現在もカイロのエジプト博物館に展示されている。

アトンの娘の魅力

アトンの娘の魅力

アンケセナーメンは、古代エジプトの第18王朝第13代ファラオであるツタンカーメンの王妃であり、アメンホテプ4世(アクエンアテン)と王妃ネフェルティティの娘でした。彼女は姉と結婚したファラオであり、古代エジプトの歴史の中で最も有名なファラオの一人であるツタンカーメンの妻でした。

アンケセナーメンはその美しさで知られており、多くの芸術作品に描かれています。彼女の肖像画は、彼女の長い首、細い体、大きなアーモンド型の目、そして官能的な唇を示しています。彼女はまた、その知性と政治的洞察力でも知られていました。彼女は夫の治世中、重要な役割を果たし、彼の政策の多くに貢献したと考えられています。

アンケセナーメンは、ツタンカーメンが19歳で亡くなった後、再婚することになりました。しかし、再婚相手が誰だったのかについては、歴史家の間で議論があります。一説では、彼女は将軍アイと結婚したと言われています。アイは、ツタンカーメンの死後、ファラオになりました。また、別の説では、彼女は将軍ホルエムヘブと結婚したと言われています。ホルエムヘブは、アイの死後、ファラオになりました。

アンケセナーメンは、25歳で亡くなりました。彼女の死因は不明ですが、病気が原因だった可能性が高いと考えられています。彼女は、ツタンカーメンと一緒に埋葬されました。彼女の墓は、1922年にイギリスの考古学者ハワード・カーターによって発見されました。

タイトルとURLをコピーしました