「アイガー・サンクション」

スポンサーリンク

「アイガー・サンクション」

アイガー・サンクションとは。

1. アイガー・サンクションとは、アメリカの作家トレヴェニアンによる山岳冒険小説(1972年)。原題は「The Eiger Sanction」。
2. アイガー・サンクションとは、1975年に制作されたアメリカの映画。原題は「The Eiger Sanction」。トレヴェニアンの小説「アイガー・サンクション」を原作としている。監督・主演はクリント・イーストウッド、共演はジョージ・ケネディ。

トレヴェニアンの小説「アイガー・サンクション」

トレヴェニアンの小説「アイガー・サンクション」

「アイガー・サンクション」は、1972年に出版されたトレヴェニアンの小説である。スイスのアイガー北壁で起きたクライミング事故を調査する、ジョン・ケリー少佐の物語である。ケリー少佐は、事故が実はCIAの秘密作戦の一部であることを発見する。この小説は、1975年にクリント・イーストウッド主演で映画化された。

トレヴェニアンは、この小説を書くために、アイガー北壁を実際に登った。また、CIAの秘密作戦についても調査した。この小説は、そのリアリティのある描写で高く評価されている。映画もまた、その迫力ある映像で好評を博した。

「アイガー・サンクション」は、トレヴェニアンの代表作の一つである。この小説は、クライミング小説の傑作としても知られている。また、この小説は、CIAの秘密作戦を描いた小説としても注目されている。

クリント・イーストウッド監督・主演 映画「アイガー・サンクション」

クリント・イーストウッド監督・主演 映画「アイガー・サンクション」

クリント・イーストウッド監督・主演映画「アイガー・サンクション」

「アイガー・サンクション」は、1975年のアメリカ映画です。ロビンソンの小説「アイガー・サンクション」を原作としたクライムアクション映画で、クリント・イーストウッドが監督と主演を務めました。

主人公のジョナサン・ヘムロックは、元プロの暗殺者ですが、現在は大学教授として隠居しています。ある日、彼はCIAに呼び出され、スイスのアイガー北壁に登り、頂上で待っている科学者を暗殺する任務を依頼されます。ヘムロックは当初は任務を断ろうとしますが、CIAに脅され、しぶしぶ引き受けることになります。

ヘムロックは、登山仲間を連れてアイガー北壁に向かいますが、そこでCIAの妨害を受けます。また、ヘムロックは、科学者が暗殺される理由を知り、CIAに反旗を翻します。ヘムロックは、科学者を救出し、CIAの追っ手から逃れます。

「アイガー・サンクション」は、迫力ある登山シーンと、クリント・イーストウッドの渋い演技が見どころの映画です。また、スイスの美しい景色も堪能できます。

アイガー・サンクションのあらすじ

アイガー・サンクションのあらすじ

「アイガー・サンクション」のあらすじ

「アイガー・サンクション」は、1972年に出版されたトレヴァン・ハワードの小説です。この小説は、元オリンピック金メダリストで、現在は大学教授であるジョナサン・ヘムロックを主人公としたスパイ小説です。

ヘムロックは、冷戦の最中、東西のスパイが暗躍するスイスの山岳地帯で、機密情報を盗み出すという任務を負います。ヘムロックは、登山家のグループに偽装してアイガー山の頂上を目指しますが、途中でソ連のスパイに襲われます。ヘムロックは、命からがらソ連のスパイを撃退し、頂上にたどり着きますが、そこでアメリカ人のスパイが待っていました。

アメリカ人のスパイは、ヘムロックにソ連のスパイを殺害するよう命じます。ヘムロックは、スパイを殺したくないと考えますが、自分の家族を守るため、スパイを殺害します。ヘムロックは、スパイを殺害した後、山を下りていきますが、途中で再びソ連のスパイに襲われます。ヘムロックは、ソ連のスパイと激闘を繰り広げますが、最後はソ連のスパイを倒します。

ヘムロックは、ソ連のスパイを倒した後、無事にアメリカに帰国します。ヘムロックは、家族との平和な生活を望みますが、CIAに呼び出され、再び任務を負います。ヘムロックは、任務を遂行するために、再びスイスの山岳地帯に向かいます。

タイトルとURLをコピーしました