「ぜんぜのこ節」の魅力 – 岐阜県の伝統的な民謡

スポンサーリンク

「ぜんぜのこ節」の魅力 – 岐阜県の伝統的な民謡

ぜんぜのこ節とは。

「ぜんぜのこ節」は、岐阜県飛騨市の民謡です。この曲は、古川町で歌われる座敷唄で、その曲名は囃し言葉に由来します。

「ぜんぜのこ節」とは

「ぜんぜのこ節」とは

「ぜんぜのこ節」とは

「ぜんぜのこ節」は、岐阜県に伝わる伝統的な民謡です。起源は諸説ありますが、江戸時代初期に作られたという説が有力です。五平餅売りが山の中で遭難した際、山神に祈願して脱出することができ、そのお礼として歌ったのが始まりとされています。

「ぜんぜのこ節」は、三味線や尺八などの伴奏に合わせて歌われます。歌詞は、五平餅売りが遭難した時の様子や、山神への感謝の気持ちなどが歌われています。また、歌詞の中には、五平餅の作り方や、五平餅を食べる時の様子なども歌われています。

「ぜんぜのこ節」は、岐阜県の郷土芸能として親しまれています。毎年、岐阜県内各地で「ぜんぜのこ節」を披露するイベントが開催されています。また、「ぜんぜのこ節」は、岐阜県の小学校や中学校でも教えられています。

「ぜんぜのこ節」の歴史と起源

「ぜんぜのこ節」の歴史と起源

「ぜんぜのこ節」の歴史と起源

「ぜんぜのこ節」は、岐阜県東濃地方に伝わる民謡です。その誕生の歴史は諸説ありますが、室町時代から戦国時代にかけての乱世に、東濃地方に逃げ延びてきた人々が、戦乱からの逃れを願いながら歌い継いできたという説があります。

また、別の説では、江戸時代に東濃地方を治めていた領主が、年貢の取り立てに苦しむ農民たちを慰撫するために作らせたとも言われています。

いずれにしても、「ぜんぜのこ節」は、東濃地方の人々が苦難を乗り越えてきた歴史を物語る歌であり、その歌詞には、人々の希望や願いが込められています。

「ぜんぜのこ節」の歌詞とメロディー

「ぜんぜのこ節」の歌詞とメロディー

「ぜんぜのこ節」の歌詞とメロディー

「ぜんぜのこ節」の歌詞は、主に岐阜県の民話や伝説を題材にしており、その内容はとても素朴で温かみのあるものが多いです。また、歌詞の中には岐阜県の美しい自然を表現したものも多く、聞く人の心を和ませてくれます。歌詞は基本的に3番まであり、各番の最後には「ぜんぜのこ」という囃子言葉が入ります。

「ぜんぜのこ節」のメロディーは、とても素朴で親しみやすいものです。基本的には三味線や胡弓などの楽器で演奏されますが、現代ではギターやピアノなどで演奏されることもあります。「ぜんぜのこ節」のメロディーは、聞いていてとても心地よく、つい口ずさんでしまうような魅力を持っています。

「ぜんぜのこ節」は、歌詞とメロディーのどちらもがとても魅力的で、岐阜県の伝統的な民謡として親しまれています。岐阜県を訪れた際は、ぜひ「ぜんぜのこ節」を聞いてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました