劇団四季の名作ミュージカル「ジョン万次郎の夢」の魅力

スポンサーリンク

劇団四季の名作ミュージカル「ジョン万次郎の夢」の魅力

ジョン万次郎の夢とは。

『ジョン万次郎の夢』は、1974年年初演のミュージカルです。脚本は浅利慶太氏、作曲は三木たかし氏が担当しました。初演時の題名は『ジョン万次郎海を渡る』でした。この作品は、幕末を舞台に、ジョン万次郎(中浜万次郎)の少年時代から遭難、アメリカ滞在、そして帰国後の活躍までを描く、劇団四季のオリジナル作品です。

「ジョン万次郎の夢」とは

「ジョン万次郎の夢」とは

「ジョン万次郎の夢」は、劇団四季が制作したミュージカルである。ジョン万次郎は、1841年に遭難し、アメリカに漂着した日本の漁師であり、その後、アメリカ人宣教師に英語を学び、アメリカで暮らすことになる。1851年に日本に帰国し、幕府に仕え、日本の近代化に貢献した。このミュージカルは、ジョン万次郎の生涯を題材にしている。

このミュージカルの魅力のひとつは、ジョン万次郎の人生が非常にドラマチックであるということだ。彼は、遭難し、アメリカに漂着し、アメリカ人宣教師に英語を学び、アメリカで暮らすことになる。その後、日本に帰国し、幕府に仕え、日本の近代化に貢献した。彼の生涯は、まさに波瀾万丈であり、このミュージカルでは、彼の波乱万丈な人生をダイナミックな音楽と演出で表現している。

このミュージカルの魅力のもうひとつは、ジョン万次郎の生き方が非常に感動的であるということだ。彼は、遭難し、アメリカに漂着したときも、決してあきらめず、アメリカ人宣教師に英語を学び、アメリカで暮らすようになった。その後、日本に帰国し、幕府に仕え、日本の近代化に貢献した。彼の生き方は、まさに不屈の精神の持ち主であり、このミュージカルでは、彼の不屈の精神を感動的な音楽と演出で表現している。

主人公ジョン万次郎の活躍

主人公ジョン万次郎の活躍

主人公ジョン万次郎は、土佐の漁師の家に生まれ、幼い頃から海に親しみ、漁師として働いていました。14歳の時、漁に出ていたところを嵐に遭い、漂流して無人島に漂着してしまいます。無人島で孤独に暮らしながら、漂流してきたアメリカ船に救出され、アメリカに渡ることになります。

アメリカでは、英語を学び、学校に通い、やがて捕鯨船に乗って世界中を航海することになります。航海中に、日本に帰国する機会を得て、10年ぶりに故郷の土佐に帰郷します。

帰国後は、土佐藩の重臣として仕え、日本の近代化に貢献しました。また、アメリカとの交流に尽力し、日本の開国を促しました。

ミュージカルの見どころ

ミュージカルの見どころ

-ミュージカルの見どころ-

劇団四季のミュージカル「ジョン万次郎の夢」は、幕末の漂流民ジョン万次郎の生涯を壮大なミュージカルとして描いた作品です。このミュージカルの見どころは、何といっても万次郎の波瀾万丈の生涯をダイナミックに描いたミュージカルナンバーです。

開幕の「オープニング」では、万次郎の故郷である土佐の風景が美しいメロディーにのせて描かれ、万次郎の少年時代が「土佐の海」で歌われます。その後、万次郎がアメリカに漂流してからの冒険谭が「アメリカ大陸」「ニューヨーク」などの曲で表現され、帰国後の万次郎の活躍が「帰国」「日本の夜明け」などの曲で歌われます。

万次郎の生涯は、まさに日本の近代化の歩みそのものであり、このミュージカルは、万次郎の人生を通して日本の近代史を学ぶことができる貴重な作品となっています。

また、このミュージカルの見どころは、その舞台美術の美しさにもあります。万次郎が漂流したアメリカの風景や、帰国後の日本の風景が、まるで絵画のように美しく描かれており、ミュージカルの世界観をより一層引き立てています。

そして、このミュージカルのもう一つの見どころは、そのキャストの豪華さです。ジョン万次郎役は、劇団四季を代表する俳優の一人である井上芳雄が務め、そのほかにも松下優也、新妻聖子、石丸幹二など、実力派俳優が多数出演しています。キャストの熱演も見どころの一つです。

劇団四季のミュージカル「ジョン万次郎の夢」は、万次郎の波瀾万丈の生涯をダイナミックに描いたミュージカルであり、その舞台美術の美しさやキャストの豪華さも見どころのミュージカルです。日本の近代史を学ぶことができる貴重な作品としてもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました