魁!!クロマティ高校の魅力

スポンサーリンク

魁!!クロマティ高校の魅力

魁!!クロマティ高校とは。

魁!!クロマティ高校とは、野中英次が描いた漫画作品で、成績優秀な主人公が、悪の巣窟クロマティ高校に入学して、奇妙な学園生活を送っていく姿を描くギャグ漫画である。『週刊少年マガジン』で2000年34号から2006年24号まで連載された。講談社少年マガジンKC全17巻。第26回(2002年)講談社漫画賞少年部門を受賞。2005年に山口雄大監督により映画化された。

また、作画は異なるが、漫画を原作とするテレビアニメも2003年10月から2004年3月までテレビ東京系列で放映された。制作はProductionI.G。

主人公の魅力

主人公の魅力

魁!!クロマティ高校の魅力は何と言っても、主人公の神山高志の魅力でしょう。神山は、一見すると、ごく普通の高校生ですが、実は、並外れた強さと、カリスマ性を備えた人物です。

神山の強さは、作中では、数々の場面で描かれています。例えば、神山は、暴走族の集団に襲われた際、たった一人で全員を倒してしまいます。また、神山は、プロレスラーと戦っても、圧倒的な強さで勝利します。

神山のカリスマ性は、仲間たちからの信頼の厚さからも伺えます。神山は、仲間たちから「総番長」と呼ばれており、仲間たちは、神山を慕って、常に神山の側にいます。神山のカリスマ性は、敵対する人物からも認められており、敵対する人物も、神山を「化け物」と評しています。

神山の魅力は、強さやカリスマ性だけではありません。神山は、正義感が強く、仲間思いの人物でもあります。神山は、弱い者がいじめられているのを見れば、必ず助けます。また、神山は、仲間が困っていれば、必ず助けようとしてくれます。

神山は、まさに、理想の主人公と言える人物です。神山の魅力は、読者を惹きつけ、魁!!クロマティ高校を人気漫画にしています。

個性的なキャラクター

個性的なキャラクター

魁!!クロマティ高校は、個性豊かなキャラクターが登場するギャグ漫画です。登場人物の多くは、不良やヤンキー、ギャル、教師など、ある種の固定観念や偏見が付きまといがちな存在です。しかし、作者である野中英次は、そうした固定観念や偏見を笑い飛ばすようなキャラクターを生み出しました。

例えば、主人公である滝谷源治は、見た目はいかにも不良風の高校生ですが、実は非常に純粋で心優しい性格をしています。また、滝谷の親友である木戸つよしは、一見すると凶暴な不良に見えますが、実は根は真面目で仲間思いの一面を持っています。そして、クロマティ高校の教師である前田浩二は、一見すると頼りない教師に見えますが、実は非常に博識で生徒思いの一面を持っています。

このように、魁!!クロマティ高校には、固定観念や偏見を打ち破るようなキャラクターが数多く登場します。そうしたキャラクターたちが織りなすギャグは、読者に笑いと感動を与えてくれます。

ギャグ満載の学園生活

ギャグ満載の学園生活

魁!!クロマティ高校の魅力は「ギャグ満載の学園生活」にあります。この学園では、個性的なキャラクターたちが織りなすシュールで爆笑必至のギャグが満載です。

例えば、主人公の滝谷源治は、強くて喧嘩が強い不良の高校生ですが、その頭はからっぽで、ドジで天然なところがあります。また、彼の親友・矢部雅史は、オネエ言葉で話すオカマの不良で、常に滝谷のことを気にかけています。そして、生徒会長の馬場兼助は、頭脳明晰で運動神経抜群の優等生ですが、その実態は超能力を持つ宇宙人です。

彼ら以外にも、ワルなのに喧嘩が弱いイワセケンジ、スケ番の村田蓮二、ロボットの生徒・菊池などは、その存在自体がギャグとして成立しています。

このような個性的なキャラクターたちが繰り広げるギャグは、シュールでカオスで、予測不可能な展開が繰り広げられます。そのため、読者は最後まで飽きることなく、爆笑しながら読むことができます。

タイトルとURLをコピーしました