銀河漂流バイファムの魅惑

スポンサーリンク

銀河漂流バイファムの魅惑

銀河漂流バイファムとは。

「銀河漂流バイファム」は、1983年10月から1984年9月まで、毎日放送・TBS系列で放送されたテレビアニメです。制作は日本サンライズ(現:サンライズ)が担当しました。1986年には劇場版が公開され、1998年には外伝として「銀河漂流バイファム13(サーティーン)」が制作されました。

ストーリーとキャラクター

ストーリーとキャラクター

銀河漂流バイファムのストーリーは、西暦2054年の未来を舞台に、地球から宇宙に送り込まれたバイファムというロボット兵器を巡る物語です。バイファムは、地球外生命体であるバイドによって作られたロボットで、優れた戦闘能力と高性能の宇宙船に変形する機能を持っています。

主人公は、バイファムのパイロットである星一徹という少年です。星一徹は、バイドによって地球を侵略された際に家族を失い、バイファムに乗ってバイドと戦うことを決意します。星一徹は、バイファムを操縦して、バイドの襲撃を阻止したり、バイドの基地を破壊したりするなど、数々の活躍を見せます。

星一徹の仲間には、バイファムの整備士である加藤竜司や、バイドの攻撃で両親を失った少女である美奈子などがいます。星一徹たちは、バイファムに乗って地球をバイドから守るために、宇宙を旅します。

バイファムのキャラクターたちは、それぞれに個性があり、魅力的です。星一徹は、正義感が強く、勇敢な少年です。加藤竜司は、バイファムの整備士として、星一徹を支えています。美奈子は、両親をバイドに殺された少女ですが、バイファムに乗ってバイドと戦うことを決意しています。

銀河漂流バイファムは、ロボットアニメの王道を行く作品です。戦闘シーンは迫力満点で、キャラクターたちは魅力的です。ストーリーも、最後まで楽しめる内容になっています。

ロボットアニメとしての魅力

ロボットアニメとしての魅力

銀河漂流バイファムのロボットアニメとしての魅力は、リアルさとリアリティを追求した設定にあります。バイファムは、宇宙暦2059年の地球とバイファム星の間で起こる戦争を舞台に、主人公の少年少女たちがバイファムと呼ばれるロボットに乗って戦う物語です。

バイファムは、これまでのロボットアニメにはないリアルさを追求しています。バイファムは、敵の攻撃を受けて損傷したり、燃料切れになったりします。また、敵のロボットは、バイファムよりも強力で、バイファムは苦戦を強いられます。

バイファムは、リアリティを追求した設定も魅力です。バイファムは、地球とバイファム星の間で起こる戦争を舞台にしていますが、この戦争は、地球とバイファム星の資源を巡る争いです。また、バイファムには、地球とバイファム星の文化の違いが描かれています。

バイファムのロボットアニメとしての魅力は、リアルさとリアリティを追求した設定にあります。この設定により、バイファムはこれまでのロボットアニメにはないリアリティとリアリティを実現しています。

外伝『銀河漂流バイファム13(サーティーン)』

外伝『銀河漂流バイファム13(サーティーン)』

銀河漂流バイファム13(サーティーン)

銀河漂流バイファムの正統続編として、2003年にOVAとしてリリースされたのが、「銀河漂流バイファム13(サーティーン)」である。本編から13年後を舞台に、新主人公・鏑木彗とその仲間たちの活躍を描く。

バイファム13(サーティーン)の魅力は、なんといってもその懐かしさである。本編のファンにとっては、あのバイファムが再び動く姿を見るだけでも感動ものである。また、本編のキャラクターたちも登場し、バイファムファンにはたまらない内容となっている。

しかし、バイファム13(サーティーン)は懐かしさだけではなく、新しい魅力も備えている。新たなメカニックや敵キャラクターが登場し、本編とは違ったバイファムの世界を楽しむことができる。また、13年という歳月を経て、キャラクターたちも成長しており、本編とは違った一面を見せてくれる。

バイファム13(サーティーン)は、バイファムファンにはもちろん、ロボットアニメファンにもおすすめの作品である。懐かしさと新しさが見事に融合した、珠玉のロボットアニメをぜひ堪能していただきたい。

タイトルとURLをコピーしました