「ドラゴンボールZ 真武道会2」の魅力

スポンサーリンク

「ドラゴンボールZ 真武道会2」の魅力

ドラゴンボールZ 真武道会2とは。

* ドラゴンボールZ真武道会2は、バンダイナムコゲームスが2007年6月にプレイステーションポータブル向けに発売した対戦アクションゲームです。鳥山明の漫画「ドラゴンボール」を原作としています。

多彩なキャラクターで楽しめる対戦アクション

多彩なキャラクターで楽しめる対戦アクション

「ドラゴンボールZ 真武道会2」の魅力は、まずその多彩なキャラクターにあります。孫悟空、ベジータ、悟飯、クリリン、ヤムチャ、天津飯、餃子、ピッコロ、フリーザ、セル、魔人ブウなど、原作でおなじみのキャラクターたちが多数登場し、プレイヤーはそれぞれの特徴を生かしたバトルを楽しむことができます。

また、各キャラクターには固有の必殺技が用意されており、それらを駆使して華麗な空中コンボを決めることができます。さらに、本作ではタッグバトルも可能となっており、2人のキャラクターを組み合わせて戦うこともできます。個性豊かなキャラクターたちによる多彩な対戦アクションは、プレイヤーを飽きさせません。

原作を忠実に再現したストーリーモード

原作を忠実に再現したストーリーモード

原作を忠実に再現したストーリーモード

「ドラゴンボールZ 真武道会2」のストーリーモードは、ドラゴンボールZの原作を忠実に再現しており、原作ファンにはたまらない内容となっています。物語は、悟空と悟飯がセルと戦うサイヤ人編から始まり、最終的には悟空と魔人ブウが戦う魔人ブウ編までを収録しています。各編では、原作のストーリーをそのままゲームで再現しており、原作の名シーンをゲームで体験することができます。また、各編には原作にはないオリジナルの展開も用意されており、原作ファンでも新鮮な気持ちで楽しむことができます。

やり込み要素満載のミニゲーム

やり込み要素満載のミニゲーム

「ドラゴンボールZ 真武道会2」には、やり込み要素満載のミニゲームが収録されています。その中でも特に人気の高いのが、「サバイバルモード」と「ドラマチックバトル」です。

サバイバルモードは、プレイヤーが次々と襲い来る敵を倒していくモードです。敵の種類や強さはランダムなので、プレイヤーは臨機応変に戦わなければなりません。また、一定時間以内に敵を倒さなければゲームオーバーになってしまうので、スピード感あふれるバトルを楽しむことができます。

ドラマチックバトルは、原作のストーリーに沿ったバトルを再現したモードです。プレイヤーは原作のキャラクターになり切って、敵とバトルすることができます。原作の名シーンを再現したバトルもあるので、ドラゴンボールファンにはたまらないモードです。

これらの他にも、「ドラゴンボールのかるた」や「フリーザのかくれんぼ」など、様々なミニゲームが収録されています。ミニゲームはどれもシンプルで遊びやすいので、誰でも気軽に楽しむことができます。また、ミニゲームをクリアすると、キャラクターのステータスを上げたり、新しい技を覚えたりすることができるので、やり込み要素も満載です。

タイトルとURLをコピーしました