「青い滑走路」の魅力とは?

スポンサーリンク

「青い滑走路」の魅力とは?

青い滑走路とは。

日本のポピュラー音楽「青い滑走路」は、1975年に発表されました。歌は俳優であり歌手でもある石原裕次郎が担当し、作曲は鶴岡雅義、作詞は池田充男が行いました。

楽曲概要

楽曲概要

「楽曲概要」

「青い滑走路」は日本のロックバンドスピッツの17枚目のシングルとして、2000年4月19日にユニバーサルJより発売された。表題曲は、フジテレビ系の木曜劇場『天気予報の恋人』の主題歌として使用された。オリコンチャートでは、最高位5位を獲得し、20万枚を超える売り上げを記録した。

「青い滑走路」は、 スピッツのシングル曲の中では珍しく、歌詞に英語のフレーズが含まれている。イントロ部分は、ギターのアルペジオで始まり、そこからテンポが次第に速くなっていく。サビの部分では、ボーカルの草野マサムネの伸びやかな歌声が印象的で、サビの終わりには「青い滑走路」というフレーズが繰り返される。アウトロは、ギターのアルペジオで始まり、そこからテンポが次第に速くなっていく。サビの部分では、ボーカルの草野マサムネの伸びやかな歌声が印象的で、サビの終わりには「青い滑走路」というフレーズが繰り返される。アウトロは、ギターのアルペジオで締めくくられる。

石原裕次郎と「青い滑走路」

石原裕次郎と「青い滑走路」

石原裕次郎と「青い滑走路」

石原裕次郎は、1934年1月28日に兵庫県神戸市で生まれました。1956年に「太陽の季節」で映画デビューし、その後「青い山脈」「嵐を呼ぶ男」などのヒット作に出演し、一躍スターとなりました。1960年に公開された「青い滑走路」は、石原裕次郎の代表作のひとつです。

「青い滑走路」は、北海道の釧路空港を舞台とした青春映画です。石原裕次郎は、釧路空港に勤務する航空管制官を演じています。彼は、パイロットを志す青年と出会い、彼を支えながら自分もパイロットになることを目指します。この映画は、石原裕次郎の爽やかな魅力と、航空機の迫力あるシーンが見どころです。

「青い滑走路」は、石原裕次郎にとって特別な作品でした。彼は、この映画の撮影のために実際にパイロットの訓練を受け、操縦桿を握るシーンにも挑戦しました。また、この映画の主題歌である「白い雲のように」も、石原裕次郎が自ら歌っています。「青い滑走路」は、石原裕次郎の代表作のひとつであり、彼の魅力を存分に発揮した作品として知られています。

「青い滑走路」の歌詞の意味

「青い滑走路」の歌詞の意味

「青い滑走路」の歌詞の意味

「青い滑走路」の歌詞は、恋する女性の心情を青い滑走路に例えて表現しています。滑走路は、飛行機が離着陸する場所であり、恋をする女性は、滑走路に降り立った飛行機のように、新しい恋の旅立ちに胸を躍らせているのです。

また、青い色は、空や海のように、広大で自由なイメージがあります。恋をする女性は、青い滑走路を駆け抜けることで、そんな広大で自由な世界に飛び出したいと願っているのです。

さらに、歌詞には「恋の始まりはいつも青く澄み渡っている」というフレーズが登場します。これは、恋の始まりはいつも新鮮で美しく、希望に満ちていることを意味しています。恋をする女性は、そんな新しい恋の始まりを、青い滑走路に例えているのです。

「青い滑走路」の歌詞は、恋する女性の心情を巧みに表現した名作です。この歌詞を聴くと、恋の始まりに胸を躍らせたあの頃を思い出します。

タイトルとURLをコピーしました