「ぴっぽのたび」の魅力と感動

スポンサーリンク

「ぴっぽのたび」の魅力と感動

ぴっぽのたびとは。

絵本『ぴっぽのたび』は、刀根里衣さんによって2014年に出版されました。2013年のボローニャ国際絵本原画展でボローニャSM出版賞を受賞し、2014年にスペインで『ELviajePIPO』として出版された絵本を、日本語版にしたものです。

ボローニャ国際絵本原画展での受賞と、スペインでの出版

ボローニャ国際絵本原画展での受賞と、スペインでの出版

ボローニャ国際絵本原画展での受賞と、スペインでの出版

「ぴっぽのたび」は、1993年にボローニャ国際絵本原画展で、絵本部門の大賞を受賞しました。また、スペインでは、1995年に出版され、高い評価を受けました。

ボローニャ国際絵本原画展は、1963年から毎年開催されている、世界で最も権威のある絵本原画のコンクールです。各国の出版社や編集者が集まり、絵本原画のコンペが行われます。このコンクールの受賞は、絵本作家にとって大きな栄誉とされています。

「ぴっぽのたび」が、ボローニャ国際絵本原画展で受賞したことは、この絵本が高く評価されていることを証明しています。また、スペインでの出版は、この絵本が、世界中で愛されていることを示しています。

ぴっぽのたびは、1992年に、マヤ・ゴヨガにより執筆されました。この絵本は、小さな男の子が、森の中で冒険をするという物語です。この絵本は、子供たちの想像力を掻き立てるような、美しいイラストでいっぱいです。

ぴっぽのたびは、世界中で愛されている絵本です。この絵本が、子供たちに夢を与え、人生の大切さを教えています。

刀根里衣さんの創作の秘密

刀根里衣さんの創作の秘密

刀根里衣さんの創作の秘密

「ぴっぽのたび」の作者である刀根里衣さんは、1931年、東京生まれ。幼い頃から絵に興味を持ち、1943年には「子供の国展覧会」に作品が入選するなど、早くから才能を発揮していました。

その後、東京芸術大学で日本画を学び、卒業後は主に舞台美術の仕事に携わりました。しかし、1965年に長男が自閉症と診断されたことをきっかけに、絵本の創作を始めることになります。

「ぴっぽのたび」は、刀根さんの息子であるぴっぽさんをモデルにした絵本です。ぴっぽさんは、自閉症でありながら、豊かな想像力と感受性を持っていました。刀根さんは、ぴっぽさんの世界観を絵本を通して表現したいと願い、「ぴっぽのたび」を創作しました。

「ぴっぽのたび」は、ぴっぽさんと一緒に旅をすることで、さまざまな発見や感動を味わうことができる絵本です。また、ぴっぽさんの視点を通して、世界を新しい角度から見ることができるようになります。

「ぴっぽのたび」は、1973年に出版され、多くの読者に愛されました。その後も、続編が出版され、シリーズ累計発行部数は100万部を超えています。

刀根さんは、「ぴっぽのたび」の創作を通して、自閉症の子どもたちとその家族を支援したいという思いを持っていました。そして、その思いは、「ぴっぽのたび」が多くの読者に愛されることで、実現されていきました。

親子で楽しめる「ぴっぽのたび」の世界

親子で楽しめる「ぴっぽのたび」の世界

「ぴっぽのたび」は、親子で楽しめる絵本です。旅をする子犬のぴっぽと、その仲間たちが繰り広げる冒険は、子どもたちの想像力をかきたて、大人が読んでも楽しめる内容になっています。

「ぴっぽのたび」の魅力は、その温かみのある絵柄と、子どもたちの心をぐっとつかむストーリーです。ぴっぽはいつも前向きで、どんな困難にもくじけずに旅を続けます。その姿に、子どもたちは勇気と希望をもらうことができるでしょう。

また、「ぴっぽのたび」は、親子で一緒に読むことで、コミュニケーションを深めることができます。ぴっぽの冒険について語り合ったり、絵柄について感想を述べ合ったりすることで、親子の絆を強めることができるでしょう。

「ぴっぽのたび」は、親子で楽しめる絵本です。ぜひ、親子で一緒に読んでみてください。ぴっぽの冒険は、きっとあなたたちの心に感動と勇気を与えてくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました