「あいこでしょ」の魅力

スポンサーリンク

「あいこでしょ」の魅力

あいこでしょとは。

「あいこでしょ」は、日本の歌のタイトルです。歌詞は遠藤幸三、作曲はYOSHINOBUによるものです。

楽曲の誕生〜作詞家の息子がモデル?

楽曲の誕生〜作詞家の息子がモデル?

「あいこでしょ」の魅力

楽曲の誕生〜作詞家の息子がモデル?

「あいこでしょ」は、1985年にリリースされたキャンディーズの楽曲です。作詞は松原寛さん、作曲は馬飼野康二さん、編曲は大谷和夫さんです。この楽曲は、キャンディーズの10枚目のシングルとしてリリースされ、オリコンチャートで1位を獲得しました。

「あいこでしょ」は、失恋した女性が、元彼に対して「あいこでしょ」と歌うという歌詞が印象的な楽曲です。この歌詞は、松原寛さんの息子の実体験を元に書かれています。松原寛さんの息子は、大学生のときに彼女にフラれてしまい、そのときに「あいこでしょ」という言葉を発したそうです。松原寛さんは、その言葉を聞いて、この楽曲を作曲しました。

「あいこでしょ」は、失恋した人の気持ちを代弁するような楽曲として、多くの人から共感を得ました。この楽曲は、キャンディーズの代表曲のひとつとして、現在でも多くの人から愛されています。

曲に込められたメッセージ〜競争よりも協調を

曲に込められたメッセージ〜競争よりも協調を

「あいこでしょ」の魅力の一つは、その曲に込められたメッセージです。この曲は、競争よりも協調を大切にしていることを歌っています。現代社会では、競争が激しく、他人に勝つことが求められがちです。しかし、この曲では「みんな違ってみんないい」と歌い、人と比べるのではなく、自分のペースで成長していくことの大切さを伝えています。また、この曲は「あいこでしょ」という歌詞を繰り返していますが、これは勝負にこだわらず、お互いに譲り合って生きていくことの大切さを表しています。この曲は、競争社会に疲れた人々に、協調の大切さを思い出させてくれる曲となっています。

歌詞の特徴〜繰り返しの多い歌詞。

歌詞の特徴〜繰り返しの多い歌詞。

「あいこでしょ」の歌詞は、繰り返しの多い歌詞です。この繰り返しの歌詞は、聴いている人の耳に残りやすく、親しみやすさを感じさせる効果があります。また、繰り返しの歌詞は、歌詞の意味を強調したり、サビの部分を印象づけたりする効果もあります。

「あいこでしょ」の歌詞の中で、最も印象的な繰り返しの歌詞は、サビの部分にある「あいこでしょ」というフレーズです。このフレーズは、サビの中で5回も繰り返され、聴いている人の耳に強く残ります。また、「あいこでしょ」というフレーズは、歌詞の意味を強調し、サビの部分を印象づける効果もあります。

「あいこでしょ」の歌詞は、繰り返しの多い歌詞ですが、決して単調な歌詞ではありません。繰り返しの歌詞の中に、さまざまなフレーズを織り交ぜることで、歌詞に奥行きを持たせ、聴いている人の興味を引き付けています。また、繰り返しの歌詞を効果的に使うことで、歌詞の意味を強調したり、サビの部分を印象づけたりするなど、さまざまな効果を生み出しています。

タイトルとURLをコピーしました