古典落語「身投げ屋」の魅力

スポンサーリンク

古典落語「身投げ屋」の魅力

身投げ屋とは。

「身投げ屋」は、上方落語を基に、柳家金語楼が創作した古典落語の演目のひとつです。

「身投げ屋」とは何か?

「身投げ屋」とは何か?

「身投げ屋」とは何か?

古典落語「身投げ屋」は、ある男が身投げ屋の口上で人を助け、その恩返しに男が身投げ屋となるという人情噺です。この噺の主人公となるのが「身投げ屋」という職業です。身投げ屋とは、簡単に言えば身投げをする人の代わりに身投げをする職業のことです。江戸時代、身投げをする人は多く、その中には様々な事情を抱えた人がいました。そうした人々を救うために、身投げ屋という職業が生まれたのです。身投げ屋は、身投げをしようとしている人を説得して思いとどまらせ、その人の事情を聞いて助けるという仕事です。

「身投げ屋」の見どころ

「身投げ屋」の見どころ

「身投げ屋」の見どころ

古典落語「身投げ屋」の見どころは、そのテンポの良い展開と、登場人物たちの掛け合いにある。主人公の八五郎は、人助けをしたい一心で身投げを偽装して金をせびるという奇想天外な商売をしている男である。そんな八五郎のもとに、身投げをしたいという客がやってくる。客は、借金に苦しみ、人生に絶望しているという。八五郎は、客に同情して、身投げの偽装を手伝うことにする。

八五郎は、客を川に連れて行き、身投げを偽装する。客は、八五郎の演技に騙されて、本当に死んでしまったと思い込む。八五郎は、客から金をせびり、その金で借金を返済する。しかし、客は、八五郎の演技に騙されたことに気づき、八五郎を捕まえるために、警察に通報する。八五郎は、警察に捕まり、牢屋に入れられてしまう。

「身投げ屋」の見どころは、八五郎の奇想天外な商売と、その展開の速さにある。また、八五郎と客の掛け合いも、とても面白い。八五郎は、客を騙すために、様々な嘘をつく。客は、八五郎の嘘に騙されて、八五郎を信用してしまう。八五郎と客の掛け合いは、とてもコミカルで、思わず笑ってしまう。

「身投げ屋」の面白さ

「身投げ屋」の面白さ

「身投げ屋」は、古典落語の中でも屈指の人気を誇る演目です。その面白さは、まず何といっても主人公である身投げ屋のキャラクターにあります。身投げ屋は、一見すると誠実で真面目な人物ですが、実は腹黒い一面を持っています。そんな身投げ屋が、様々なハプニングに巻き込まれていく姿は、見ていてクスッと笑えてしまいます。

また、「身投げ屋」の面白さは、そのストーリーにもあります。身投げ屋は、ある日突然、身投げをしようと思い立ちます。しかし、なかなかうまくいきません。橋から飛び降りようとするも、ビビって飛び降りることができません。ビルの屋上から飛び降りようとするも、またもやビビって飛び降りることができません。そんな身投げ屋の奮闘ぶりは、見ていてハラハラドキドキさせられます。

そして、「身投げ屋」の面白さは、そのオチにもあります。身投げ屋は、最終的に身投げすることに成功します。しかし、その先は思いがけない展開が待っていました。一体、身投げ屋の身に何が起こったのでしょうか?ぜひ、最後までお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました