マイルス・デイヴィスの「スケッチ・オブ・スペイン」の魅力

スポンサーリンク

マイルス・デイヴィスの「スケッチ・オブ・スペイン」の魅力

スケッチ・オブ・スペインとは。

「スケッチ・オブ・スペイン」は、トランペット奏者マイルス・デイヴィスが1959年から1960年にかけて録音したジャズアルバムです。コロムビア・レコード・レーベルから発売され、編曲家ギル・エヴァンスと共同制作しました。原題は「SketchesOfSpain」です。

「スケッチ・オブ・スペイン」の音楽性

「スケッチ・オブ・スペイン」の音楽性

「スケッチ・オブ・スペイン」の音楽性は、マイルス・デイヴィスがそれまで取り組んできたクール・ジャズとは大きく異なり、スペインの民族音楽やクラシック音楽などの要素を取り入れたものとなっています。これは、デイヴィスがスペインに滞在してフラメンコや闘牛士の音楽などに触発されたことがきっかけで生まれました。

アルバムの冒頭を飾る「スペイン」は、スペインの伝統的な舞曲であるファンダンゴのリズムに乗って、デイヴィスのトランペットが情熱的に歌い上げられる名曲です。続く「アルハンブラの思い出」は、スペインの作曲家マヌエル・デ・ファリャの名曲「アルハンブラの思い出」をジャズ風にアレンジしたもので、デイヴィスのトランペットとギル・エヴァンスのアレンジが絶妙に絡み合っています。

そして、アルバムのハイライトとも言えるのが「エル・シド」です。この曲は、スペインの民族叙事詩「エル・シドの物語」を題材にしたもので、デイヴィスのトランペットが力強く、時に叙情的に歌い上げられます。また、ギル・エヴァンスのアレンジも素晴らしく、オーケストラとジャズバンドが一体となった壮大なサウンドが展開されます。

このように、「スケッチ・オブ・スペイン」は、マイルス・デイヴィスがそれまで取り組んできたクール・ジャズとは大きく異なる、情熱的で叙情的な音楽性を備えています。これは、デイヴィスがスペインに滞在してスペインの文化に触発されたことがきっかけで生まれました。そして、ギル・エヴァンスのアレンジも素晴らしく、オーケストラとジャズバンドが一体となった壮大なサウンドが展開されています。

マイルス・デイヴィスとギル・エヴァンスの共同作業

マイルス・デイヴィスとギル・エヴァンスの共同作業

マイルス・デイヴィスとギル・エヴァンスの共同作業

マイルス・デイヴィスとギル・エヴァンスの共同作業は、ジャズの歴史の中で最も重要なパートナーシップのひとつである。2人は1940年代後半に出会い、すぐに音楽的に意気投合した。エヴァンスはデイヴィスの才能に感銘を受け、デイヴィスのためにいくつかのアレンジメントを書いた。そのうちのひとつが、1959年のアルバム『スケッチ・オブ・スペイン』に収録された「フラメンコ・スケッチ」である。

「フラメンコ・スケッチ」は、デイヴィスのトランペットとエヴァンスのアレンジメントが見事に融合した傑作である。曲は、スペインのフラメンコ音楽を彷彿とさせる情熱的なメロディーで始まり、やがて複雑なハーモニーと即興演奏へと展開していく。デイヴィスのトランペットは、エキサイティングでエモーショナルなソロを繰り広げ、エヴァンスのアレンジメントは、それを完璧にサポートしている。

「フラメンコ・スケッチ」は、ジャズの歴史に残る名曲であり、デイヴィスとエヴァンスの共同作業の最高峰のひとつである。この曲は、多くのミュージシャンに影響を与え、今日でも演奏され続けている。

「スケッチ・オブ・スペイン」のレコーディングとリリース

「スケッチ・オブ・スペイン」のレコーディングとリリース

「スケッチ・オブ・スペイン」のレコーディングとリリース

マイルス・デイヴィスの「スケッチ・オブ・スペイン」のレコーディングは、1960年3月29日と30日に行われました。レコーディングは、ニューヨーク市のコロンビア・スタジオで行われ、デイヴィスをリーダーとする9人編成のバンドで行われました。デイヴィスに加えて、バンドには、ギル・エヴァンスがアレンジと指揮を担当し、ジョン・コルトレーン、キャノンボール・アダレイ、ウィントン・ケリー、ポール・チェンバース、ジミー・コブ、ビル・エヴァンス、マイク・マイニエリ、そしてフラメンコ・ギタリストのビセンテ・ゴメスが参加しました。

レコーディングは、デイヴィスとエヴァンスにとって、スムーズに行われたわけではありません。デイヴィスは、エヴァンスのアレンジを気に入りませんでしたが、最終的には説得され、レコーディングを行うことになりました。レコーディングは、2日間かけて行われましたが、デイヴィスは、レコーディング中にエヴァンスと口論になり、スタジオを飛び出したこともありました。しかし、最終的には、デイヴィスとエヴァンスは和解し、レコーディングは無事に完了しました。

「スケッチ・オブ・スペイン」は、1960年11月にコロンビア・レコードからリリースされました。アルバムは、批評家から絶賛され、デイヴィスの最高傑作の一つとみなされるようになりました。アルバムは、商業的にも成功し、ビルボード・ジャズ・チャートで1位を獲得しました。

タイトルとURLをコピーしました