「挫折のエリート」 森村誠一の歴史的傑作

スポンサーリンク

「挫折のエリート」 森村誠一の歴史的傑作

挫折のエリートとは。

「挫折したエリートを扱った森村誠一の短編集が1970年に刊行された。」

社会の闇を抉る物語

社会の闇を抉る物語

森村誠一の歴史的傑作「挫折のエリート」は、社会の闇を抉る物語である。主人公の宮下慶太は、東京大学を卒業し、大蔵省に入省したエリート官僚だったが、ある事件をきっかけに挫折し、転落の人生を歩むことになる。

宮下が挫折するきっかけとなったのは、ある大臣の汚職事件を調査するよう命じられたことだった。宮下は、大臣の汚職を暴くために、あらゆる手段を尽くしたが、結局は大臣の圧力に屈して調査を打ち切らざるを得なかった。この事件を境に、宮下のエリート人生は終わりを告げる。

宮下は、挫折後は転落の人生を歩む。妻と離婚し、職を転々とし、やがてホームレスになってしまう。しかし、宮下はホームレスになっても、腐ることなく、社会の闇を暴こうと活動を続ける。宮下は、ホームレスの仲間たちと協力して、福祉制度の不備や貧困の問題を告発する。

「挫折のエリート」は、社会の闇を抉る物語であると同時に、挫折しても決して諦めない主人公の姿を描いた物語でもある。宮下は、挫折を経験しても、社会をより良くするために戦い続ける。宮下の姿は、私たちに希望と勇気を与えてくれる。

挫折したエリートたちの苦悩と再生

挫折したエリートたちの苦悩と再生

「挫折のエリート」 森村誠一の歴史的傑作

「挫折したエリートたちの苦悩と再生」

森村誠一は、1933年に大阪で生まれ、1950年代から作家として活躍している。彼の作品は、警察小説、推理小説、時代小説など幅広いジャンルにわたり、多くの読者に愛されている。その中でも、「挫折したエリートたちの苦悩と再生」を描いた作品群は、彼の代表作として知られている。

森村誠一が挫折したエリートたちの苦悩と再生を描いた作品群は、いずれも、社会の第一線で活躍していた人間が、ある事件や事故によって挫折し、どん底まで落ち込んでしまうというストーリーである。しかし、彼らは、そこで諦めずに這い上がり、再び社会に復帰していく。その過程で、彼らは、挫折を経験したことで、人生の本当の価値を学び、人間として成長していく。

挫折したエリートたちの苦悩と再生を描いた作品群は、森村誠一の代表作として知られており、多くの読者に愛されている。その理由は、挫折を経験したことがある人なら誰でも、主人公に共感できるからである。挫折は、誰もが経験する可能性のあるものであり、挫折を経験したときには、主人公と同じように苦悩するかもしれない。しかし、主人公は、挫折を乗り越えて再び社会に復帰していく。その姿に勇気をもらった人も多いだろう。

挫折したエリートたちの苦悩と再生を描いた作品群は、人生の教訓が詰まった作品である。挫折を経験したときには、ぜひ、森村誠一の作品を読んでほしい。きっと、勇気をもらえるはずだ。

人間の本質を問う衝撃作

人間の本質を問う衝撃作

「挫折のエリート」は森村誠一の代表作のひとつであり、人間の挫折と復活を描く社会派小説です。主人公は、エリート銀行員の佐倉充。彼は、30代にして銀行の支店長に抜擢されるなど、順風満帆な人生を送っていました。しかし、ある日、佐倉は融資先の会社が倒産し、多額の損失を出してしまいます。その責任を問われて、佐倉は銀行を解雇されてしまいます。

挫折した佐倉は、故郷の北海道に戻り、農業を始めることにします。しかし、農業は簡単ではありませんでした。佐倉は、農作物を作る技術も知識もありませんでした。また、農業は天候に左右されるため、安定した収入を得ることもできませんでした。佐倉は、農業を続けるか、それとも東京に戻るべきか、悩んでいました。

そんなある日、佐倉は、農業指導員の川村と出会います。川村は、佐倉に農業の技術と知識を教えました。また、川村は佐倉に、農業の楽しさややりがいを教えてくれました。佐倉は、川村のおかげで、農業を続ける決意を固めました。

佐倉は、川村の指導を受けながら、農業を続けました。そして、数年後、佐倉は立派な農家になりました。佐倉は、農業を通して、人生のやりがいと生きがいを見つけました。佐倉は、挫折を乗り越えて、人生を復活させました。

タイトルとURLをコピーしました