大風呂敷と蜘蛛の糸:野尻抱介のSF小説

スポンサーリンク

大風呂敷と蜘蛛の糸:野尻抱介のSF小説

大風呂敷と蜘蛛の糸とは。

野尻抱介の短編SF小説「大風呂敷と蜘蛛の糸」は、「S-Fマガジン」2006年4月号に掲載され、翌年に第38回星雲賞日本短編部門賞を受賞しました。その後、2007年に刊行された作品集「沈黙のフライバイ」に収録されました。

大風呂敷と蜘蛛の糸の概要

大風呂敷と蜘蛛の糸の概要

「大風呂敷と蜘蛛の糸の概要」

野尻抱介のSF小説「大風呂敷と蜘蛛の糸」は、1960年に発表された作品です。この小説は、宇宙人と地球人の交流を描いた作品で、様々なユニークなアイディアが盛り込まれています。

小説の主人公である田中一郎は、日本の小さな田舎町に住むサラリーマンです。ある日、田中は空から降りてきた宇宙船を発見し、宇宙人と遭遇します。宇宙人は田中を宇宙船に連れて行き、彼に宇宙旅行を提案します。田中は宇宙旅行に同意し、宇宙人と一緒に宇宙を旅します。

宇宙を旅する中で、田中は様々な惑星を訪れ、そこで様々なエイリアンと遭遇します。田中はエイリアンたちと交流し、彼らの文化や生活について学びます。また、田中は宇宙の秘密についても知り、宇宙の広大さと神秘さに圧倒されます。

宇宙旅行の末、田中は地球に戻ってきます。田中は地球に戻ってからも、宇宙人のことを忘れられません。田中は宇宙人のことをみんなに伝えようとしますが、誰も田中を信じてくれません。田中は宇宙人の存在を証明するために、宇宙船を建造し、再び宇宙に旅立ちます。

田中の2度目の宇宙旅行は成功し、田中は宇宙人の存在を証明することに成功します。田中は宇宙人と地球人の交流を促進し、平和な宇宙社会の実現に貢献します。

大風呂敷と蜘蛛の糸の受賞歴

大風呂敷と蜘蛛の糸の受賞歴

-大風呂敷と蜘蛛の糸の受賞歴-

野尻抱介のSF小説「大風呂敷と蜘蛛の糸」は、1960年に星雲賞日本長編部門を受賞しました。この賞は、日本国内で刊行されたSF小説の中で最も優れた作品に贈られるものです。「大風呂敷と蜘蛛の糸」は、その独創的なアイデアと巧みなストーリー展開が高く評価され、受賞に至りました。

また、同作は1961年に第7回日本推理作家協会賞を受賞しています。この賞は、日本国内で刊行された推理小説の中で最も優れた作品に贈られるものです。「大風呂敷と蜘蛛の糸」は、その謎めいた展開と意外な結末が高く評価され、受賞に至りました。

「大風呂敷と蜘蛛の糸」は、SF小説と推理小説の両方の賞を受賞した珍しい作品です。これは、同作が両方のジャンルの要素を巧みに組み合わせた作品であることを示しています。同作は、SFファンと推理小説ファンの両方から高く評価されており、今もなお読み継がれています。

タイトルとURLをコピーしました