三輪裕子の児童文学「優しい音」

スポンサーリンク

三輪裕子の児童文学「優しい音」

優しい音とは。

三輪裕子が2010年に発表した児童文学作品が「優しい音」です。この作品は、第28回新美南吉児童文学賞を受賞しています。

優しい音とは?

優しい音とは?

優しい音とは、三輪裕子の児童文学「優しい音」の中で、主人公の少女・みゆきが耳にする不思議な音のことです。それは、みゆきの心の奥底に響くような、優しく温かな音色をしています。みゆきは、その音を聴くと、心が落ち着き、不安や悲しみを忘れ、幸せな気持ちになるのです。

優しい音は、みゆきが幼い頃におばあちゃんから聴いた子守唄を思い起こさせるものでした。おばあちゃんは、みゆきが悲しい時や不安な時に、いつも子守唄を歌ってくれたのです。みゆきは、おばあちゃんの優しい声と子守唄を聴くと、いつも心が落ち着いて、安心することができました。

みゆきは、優しい音を聴くことで、おばあちゃんのことを思い出し、おばあちゃんの愛情を再確認することができました。そして、みゆきは、おばあちゃんがいつも自分のそばにいることを感じ、強さと勇気を持つことができました。

優しい音は、みゆきに希望と勇気を与えるものでした。みゆきは、優しい音を聴くことで、どんな困難にも立ち向かうことができるという確信を持つことができました。そして、みゆきは、自分の夢に向かって突き進んでいく決意を固めたのです。

第28回新美南吉児童文学賞受賞

第28回新美南吉児童文学賞受賞

三輪裕子の児童文学「優しい音」は、第28回新美南吉児童文学賞を受賞しました。この賞は、児童文学の分野で優れた作品を表彰するもので、毎年、全国から応募された作品の中から、最優秀作品が選ばれます。

「優しい音」は、聴覚障害のある少女と、その少女を取り巻く人々との交流を描いた作品です。主人公の少女は、聴覚障害があるために、周りの世界とコミュニケーションをとることが難しく、孤独を感じています。しかし、周りの人々の優しさに触れ、次第に心を開いていきます。

この作品は、聴覚障害のある人の世界をリアルに描き、読者に感動を与えました。また、障害があっても、周りの人々の優しさに触れれば、心を開いていくことができることを教えてくれます。

三輪裕子は、この作品で、第28回新美南吉児童文学賞を受賞しました。これは、彼女の作品が、児童文学の分野で優れた作品であることを証明するものです。この受賞を機に、三輪裕子の作品はさらに多くの人に読まれるようになるでしょう。

児童文学における優しい音の魅力

児童文学における優しい音の魅力

児童文学における優しい音の魅力

三輪裕子の児童文学「優しい音」は、優しい音がもたらす癒しと希望の物語です。主人公の少女・みゆは、両親の離婚をきっかけに、自然が豊かな田舎町に引っ越してきます。そこで出会った不思議な楽器「優しい音」に魅せられ、その音色に包まれていくうちに、みゆの心は少しずつ癒されていきます。

「優しい音」の魅力は、その柔らかく温かみのある音色にあります。その音色を聴くと、心が安らぎ、癒されていくのです。また、「優しい音」は、希望のシンボルでもあります。みゆが「優しい音」に出会ったことで、人生に再び希望を見出すことができるようになったのです。

「優しい音」は、児童文学における貴重な存在です。それは、子供たちに優しい音の素晴らしさと、希望の大切さを教えてくれます。また、「優しい音」は、大人にとっても癒しと希望の源となる作品です。優しい音色に包まれながら、人生の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました