「ゲッタウェイ」シリーズの徹底解説!

スポンサーリンク

「ゲッタウェイ」シリーズの徹底解説!

ゲッタウェイとは。

* ゲッタウェイは、1972年に製作されたアメリカ映画で、原題は「The Getaway」です。スティーブ・マックイーン主演のアクション映画で、監督はサム・ペキンパー、共演はアリ・マッグロー、ベン・ジョンソンなどです。
* 1994年に、ゲッタウェイはリメイクされ、原題は「The Getaway」のままでした。監督はロジャー・ドナルドソン、出演はアレック・ボールドウィン、キム・ベイシンガー、ジェームズ・ウッズなどです。

二つの『ゲッタウェイ』

二つの『ゲッタウェイ』

「ゲッタウェイ」シリーズは、1972年に公開されたスティーブ・マックイーン主演のアメリカ映画『ゲッタウェイ』を皮切りに、1994年に公開されたアレック・ボールドウィン主演の『ゲッタウェイ』まで、合計2作が製作された。

2作とも、刑務所から脱獄した男とその妻が、大金を積んで雇った殺し屋から逃れながら、追っ手から逃亡するアクション映画である。前作は、ジム・トンプソンの小説『ゲッタウェイ』を原作としており、後作は、前作のリメイク作品となっている。

前作は、マックイーンとアリ・マッグローの共演で、大ヒットを記録した。マックイーンのクールな演技と、マッグローの可憐な美しさが話題となり、多くの映画ファンを魅了した。

後作は、ボールドウィンとキム・ベイシンガーの共演で、前作ほどのヒットにはならなかったものの、スリルとサスペンスに満ちた内容で、一定の評価を得た。ボールドウィンとベイシンガーの息の合った演技も話題となり、前作とはまた違った魅力を感じさせる作品となっている。

「ゲッタウェイ」シリーズは、アクション映画の傑作として、多くの映画ファンに愛されている。前作と後作は、それぞれに異なる魅力を持っており、どちらも見る価値のある作品である。

「ゲッタウェイ」と小説

「ゲッタウェイ」と小説

「ゲッタウェイ」シリーズは、ジム・トンプスンによる1953年の小説を原作とした、複数の映画やテレビ番組で構成されるメディアフランチャイズである。この小説は、銀行強盗をした元囚人が、足跡を隠そうとして逃亡する物語である。

小説は後に映画化され、1972年にスティーブ・マックイーン主演で公開された。この映画は商業的に成功し、批評家からも好評を得た。1994年にアレック・ボールドウィンとキム・ベイシンガー主演でリメイクされ、2013年にはイーサン・ホーク主演でテレビシリーズ化された。

小説と映画はどちらも高く評価されており、多くの賞を受賞している。小説は1954年にエドガー賞を受賞し、映画は1973年にアカデミー賞作品賞にノミネートされた。テレビシリーズは2014年にゴールデングローブ賞テレビシリーズ部門作品賞にノミネートされた。

「ゲッタウェイ」シリーズは、 its tense action and suspenseful plotにより、長年にわたり人気を博している。キャラクターは魅力的で共感でき、ストーリーはエキサイティングで予測不可能である。このシリーズは、スリラー映画やテレビ番組のファンにとって必見の作品である。

「ゲッタウェイ」の演出手法

「ゲッタウェイ」の演出手法

「ゲッタウェイ」シリーズの演出手法

「ゲッタウェイ」シリーズは、その革新的な演出手法で知られています。特に、カーチェイスシーンの演出は圧巻で、映画史に残る名シーンを数多く生み出しています。また、緊迫感あふれるストーリー展開と、登場人物たちの心理描写にも定評があります。

カーチェイスシーンの演出は、「ゲッタウェイ」シリーズの大きな見どころの一つです。カーチェイスシーンは、スピード感があり、手に汗握る展開が続きます。また、カーチェイスシーンは、登場人物たちの心理描写と密接にリンクしており、彼らの葛藤や苦悩を浮き彫りにしています。

「ゲッタウェイ」シリーズは、緊迫感あふれるストーリー展開も大きな特徴です。映画は、冒頭から最後まで、常に緊張感にあふれています。また、ストーリー展開は予測不可能で、観客を常にハラハラドキドキさせます。

「ゲッタウェイ」シリーズは、登場人物たちの心理描写も秀逸です。映画は、登場人物たちの葛藤や苦悩を丁寧に描き出しています。また、登場人物たちは、それぞれに魅力があり、観客は彼らに感情移入することができます。

「ゲッタウェイ」シリーズは、革新的な演出手法と、緊迫感あふれるストーリー展開、秀逸な登場人物たちの心理描写で、観客を魅了する映画シリーズです。

タイトルとURLをコピーしました