「グリード」映画解説

スポンサーリンク

「グリード」映画解説

グリードとは。

1924年のアメリカ映画「グリード」は、監督がエーリッヒ・フォン・シュトロハイムで、ギブソン・ゴーランド、ザス・ピッツらが出演した映画。

「グリード」のあらすじ

「グリード」のあらすじ

「グリード」のあらすじ

「グリード」は、1924年に公開された、エリック・フォン・シュトロハイム監督によるアメリカ合衆国のサイレント映画です。この映画は、フランク・ノリスの1899年の小説「マクティーグ」を基にしています。この映画は、金が人間の欲望をいかに歪めるかという物語を描いています。

この映画の主人公は、マック・ティーグという男です。マックは、サンフランシスコの貧しい地区に住む、単純で優しい男です。彼は、レストランで働きながら、いつか金持ちになることを夢見ています。ある日、マックは、ロバート・クルイーズという男と出会います。クルイーズは、詐欺師で、マックを騙して金を盗みます。マックは、クルイーズを追いかけて、金を取り返そうとします。

マックは、クルイーズを追いかけて、サンフランシスコからニューヨークまで旅をします。その旅の途中で、マックは、様々な人々と出会います。その中には、マックを助けるために協力してくれる人もいるし、マックを騙して金を盗もうとする人もいます。マックは、これらの困難を乗り越え、最終的にクルイーズにたどり着きます。マックは、クルイーズから金を盗り返し、サンフランシスコに戻ります。

マックは、サンフランシスコに戻った後、結婚して子供をもうけます。彼は、幸せな生活を送りますが、クルイーズがまだ彼を付け狙っていることを知っています。クルイーズは、マックを殺そうとしますが、マックはクルイーズを倒してしまいます。マックは、クルイーズを倒したことで、金が人間の欲望をいかに歪めるかということを学びます。

「グリード」の見どころ

「グリード」の見どころ

「グリード」の見どころ

「グリード」は、人間の欲望がもたらす悲劇を描いた社会派映画です。ストーリーは、カリスマ的なビジネスマン、バブルス・リッチー(ゲイリー・ビジー)が、金鉱の採掘権を手に入れるために、様々な手段を講じるというものです。しかし、彼の欲望はどんどんエスカレートし、ついには取り返しのつかない事態を招いてしまいます。

この映画の見どころは、何といってもバブルス・リッチーというキャラクターです。彼は、金銭欲に目がくらみ、あらゆるものを自分の利益のために利用しようとする、まさに現代社会の縮図のような人物です。ゲイリー・ビジーの怪演も相まって、バブルス・リッチーは非常に印象的なキャラクターに仕上がっています。

また、この映画は、人間の欲望の恐ろしさをリアルに描いています。バブルス・リッチーは、金銭欲に目がくらみ、家族や友人、そして自分の命さえも失ってしまいます。この映画は、人間の欲望がもたらす悲劇を警告するものであり、見る者に大きなインパクトを与えることでしょう。

さらに、この映画は、社会問題にも鋭く切り込んでいます。バブルス・リッチーが金鉱の採掘権を手に入れるために、環境破壊や労働者の搾取を行います。この映画は、資本主義社会の弊害を浮き彫りにし、見る者に考えさせるものを与えてくれることでしょう。

「グリード」の舞台裏

「グリード」の舞台裏

-「グリード」の舞台裏-

「グリード」の物語は、カリフォルニア州ロサンゼルスを舞台に展開する。映画の舞台となるのは、ハリウッドのきらびやかな世界から、ロサンゼルスのダウンタウンにある貧困地区のスラム街まで、多岐にわたる。映画の冒頭では、主人公のジェレミーがハリウッドの高級クラブでパーティーをしているシーンが描かれている。このシーンでは、ジェレミーの華やかな生活と、彼の友人たちの裕福さが強調されている。しかし、映画が進むにつれて、ジェレミーの生活は一変していく。彼は仕事を失い、住む場所も失い、やがて路上生活者になってしまう。

「グリード」の舞台裏は、実際にはロサンゼルスの様々な場所で撮影された。ハリウッドのクラブのシーンは、ハリウッドにある「ザ・ヴァイパー・ルーム」で撮影された。このクラブは、かつてジョニー・デップが所有していたことで知られている。スラム街のシーンは、ロサンゼルスのダウンタウンにある「スキッド・ロウ」で撮影された。スキッド・ロウは、ロサンゼルスで最も貧しい地区のひとつであり、多くのホームレスが暮らしている。

「グリード」の舞台裏には、いくつかの興味深いエピソードがある。そのひとつは、映画の冒頭のシーンでジェレミーが着用しているスーツが、実際にジェレミーを演じたブレイク・ライブリーの私物であったというエピソードである。また、スラム街のシーンでは、実際のホームレスの人々がエキストラとして参加している。これにより、映画のリアリティがよりいっそう高まっている。

タイトルとURLをコピーしました