北方謙三のハードボイルド小説『黙約』

スポンサーリンク

北方謙三のハードボイルド小説『黙約』

黙約とは。

「黙約」とは、北方謙三による長編ハードボイルド小説です。1989年に刊行され、「ブラディ・ドール」シリーズの六作目にあたります。

黙約とは?

黙約とは?

黙約とは?

北方謙三のハードボイルド小説『黙約』は、1998年に講談社から出版されました。この小説は、主人公である私立探偵の武藤武が、友人の死の真相を追うというストーリーです。武藤は、友人の死を調査するうちに、友人が殺人に巻き込まれていたことを知ります。そして、その殺人事件の背後には、闇社会の組織が絡んでいることを突き止めていきます。

武藤は、友人の死の真相を明らかにするために、闇社会に潜入していきます。そして、組織のボスである南条と対決することになります。武藤は、南条との戦いの末、友人の死の真相を明らかにし、組織を壊滅させます。

この小説は、ハードボイルド小説の傑作として知られています。北方謙三のハードボイルド小説の特徴である、ハードなストーリー展開、リアルな描写、そして主人公の生きざまが描かれています。この小説は、ハードボイルド小説のファンにはぜひ読んでいただきたい作品です。

黙約のあらすじ

黙約のあらすじ

北方謙三のハードボイルド小説『黙約』は、1988年に新潮社より刊行されました。本作は、ハードボイルド小説の傑作として名高く、映画化もされています。

物語の主人公は、私立探偵の柴田是空です。ある日、柴田は、失踪した女性を探してほしいという依頼を受けます。しかし、その女性はすでに殺害されており、柴田は事件に巻き込まれていきます。柴田は、事件の真相を解明するために、裏社会を相手に孤軍奮闘します。

本作は、ハードボイルド小説らしいハードな描写と、柴田の孤独な戦いを描いた人間ドラマが魅力です。北方謙三のハードボイルド小説の代表作として、多くの読者に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました