首無し死体事件の真相!『メグレ警視と首無し死体』

スポンサーリンク

首無し死体事件の真相!『メグレ警視と首無し死体』

メグレと首無し死体とは。

ベルギーの作家ジョルジュ・シムノンが1955年に発表したミステリー小説『メグレ警視と首無し死体』(原題:《仏》Maigretetlecorpssanstête)は、「メグレ警部シリーズ」の一作。

首無し死体の謎

首無し死体の謎

首なし死体の謎

1931年、パリの街で首なし死体が発見された。この事件は、瞬く間に街中を駆け巡り、人々は恐怖に陥った。

警察は捜査を開始したが、すぐに壁にぶち当たった。手がかりは何もなく、犯人も不明だった。

捜査の行き詰まりに業を煮やした警察は、ついにメグレ警視に捜査を依頼した。メグレ警視は、パリで最も優秀な探偵として知られていた。

メグレ警視は、現場を綿密に調べ上げた。そして、いくつかの手がかりを発見した。まず、死体は男性のものであること。そして、首を切断されたのは死後であること。さらに、死体は数日前に殺害されたものであることが判明した。

メグレ警視は、これらの手がかりから、犯人は男性であり、犯行は計画的だったと推測した。そして、犯人は死体を隠すために、首を切断したのではないかと考えた。

メグレ警視は、パリの街をくまなく捜索した。そして、ついに犯人を突き止めた。犯人は、死者の妻であることが判明した。妻は、夫が他の女性と浮気をしていたことに腹を立て、殺害したのだった。

メグレ警部の推理

メグレ警部の推理

メグレ警部は、首無し死体をめぐる謎を解くため、事件現場を隅々まで調べ上げました。そして、遺体の近くで発見された靴から、殺害されたのはこの靴の持ち主である可能性が高いと推測しました。さらに、現場に残された足跡から、犯人は男性であると判断しました。

メグレ警部は、遺体の近くの建物に住んでいる人々を一人ひとり尋問しました。そして、その中の一人が不審な行動をしていることに気づきました。その人物は、メグレ警部の質問に答えるのを渋り、挙動不審でした。

メグレ警部は、その人物を逮捕し、取り調べました。すると、その人物は、殺害を自供しました。彼は、被害者と口論になり、カッとなって殺害してしまったとのことでした。

メグレ警部は、事件の真相を解明し、犯人を逮捕することができました。そして、被害者の家族に、事件の解決を報告しました。被害者の家族は、メグレ警部に感謝し、彼の仕事ぶりを称賛しました。

事件の結末

事件の結末

事件の結末

首無し死体事件の捜査は、メグレ警視の活躍によって、ついに結末を迎える。メグレ警視は、事件の調査を進めるうちに、被害者は、裕福な実業家であるロバート・デュボア氏であることを突き止める。そして、デュボア氏の妻であるマドレーヌが、事件の背後にいることを突き止める。マドレーヌは、夫を殺害し、首を切断して遺体を隠蔽したのである。

メグレ警視は、マドレーヌを逮捕する。マドレーヌは、当初は容疑を否認するが、やがて、夫を殺害したことを認める。マドレーヌは、夫との結婚生活が破綻していたこと、そして、夫が自分よりも若い女性と浮気をしていたことを理由に、夫を殺害したと供述する。

マドレーヌは、裁判にかけられ、有罪判決を受ける。マドレーヌは、終身刑を言い渡され、刑務所で服役することになる。首無し死体事件は、こうして解決を迎える。

タイトルとURLをコピーしました