めんどり(ハイドンの交響曲第83番)

スポンサーリンク

めんどり(ハイドンの交響曲第83番)

めんどりとは。

「めんどり」は、オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンが1785年に作曲した交響曲第83番のことです。原題は《La Poule》で、フランス語で「雌鶏」を意味します。パリ交響曲の一つに数えられ、第1楽章に鶏の鳴き声を連想させるフレーズが登場することから、その名が付けられました。

交響曲第83番の歴史と背景

交響曲第83番の歴史と背景

交響曲第83番の歴史と背景

ハイドンの交響曲第83番「めんどり」は、1785年に完成した交響曲です。この交響曲は、ハイドンがエステルハージ侯爵の宮廷楽団の指揮者として活躍していた時期に作曲されたもので、彼の交響曲の中でも最も有名な作品のひとつです。

この交響曲は、その明るい音色と軽やかなリズムが特徴で、別名「にわとり」とも呼ばれています。また、第2楽章に現れるめんどりの鳴き声を模したメロディーが有名で、この交響曲が「めんどり」と呼ばれる所以となっています。

ハイドンは、この交響曲をエステルハージ侯爵の誕生日を祝うために作曲したと言われています。しかし、この交響曲の初演が行われたのは、1786年のロンドンでの演奏会でした。この演奏会は大成功を収め、ハイドンはヨーロッパ中で名声を博することになりました。

交響曲第83番は、ハイドンの交響曲の中でも最も人気のある作品のひとつです。その明るい音色と軽やかなリズムは、聴き手に喜びと元気を与えてくれます。また、第2楽章のめんどりの鳴き声を模したメロディーは、多くの人々に愛されています。

めんどりが作曲された理由と由来

めんどりが作曲された理由と由来

-めんどりが作曲された理由と由来-

ハイドンの交響曲第83番は、正式には交響曲 ト長調 Hob. I83 と呼ばれる曲で、通称「めんどり」の愛称で知られています。この愛称は、交響曲の第2楽章に登場する、めんどりの鳴き声に似た音型に由来しています。

「めんどり」という愛称は、ハイドン自身が名付けたものではありません。ハイドンは、この交響曲を作曲したときに、特に特定のタイトルは付けていませんでした。この愛称は、交響曲が初演された後に、聴衆によって付けられたものです。

この交響曲は、1785年にパリで初演されました。初演は大成功を収め、聴衆は交響曲の第2楽章に登場する、めんどりの鳴き声に似た音型を大いに気に入り、この交響曲のことを「めんどり」と呼ぶようになりました。

この愛称は、その後も定着し、現在でも「めんどり」という愛称で知られています。この交響曲は、ハイドンの交響曲の中でも特に人気のある曲の一つで、世界中のオーケストラによって演奏されています。

めんどりの音楽的特徴と魅力

めんどりの音楽的特徴と魅力

ハイドンの交響曲第83番は、その独特の音色から「めんどり」という愛称で親しまれています。この曲は、1785年に作曲され、1786年にパリで初演されました。

「めんどり」の特徴は、なんといってもその軽快で陽気な音楽にあります。曲の随所に登場するトリルや、弦楽器のピチカートが、まるでめんどりが元気に飛び回っているかのような雰囲気を醸し出しています。

また、この曲は、ハイドンの交響曲の中では珍しく、終楽章にメヌエットが置かれています。これは、フランスの舞曲であるメヌエットを取り入れたことで、より親しみやすい雰囲気を作り出していると考えられます。

「めんどり」は、 its light and cheerful music, its use of trills and pizzicato, and its unusual placement of a minuet in the final movement.

「めんどり」は、その軽快で陽気な音楽、トリルやピチカートの使用、そして終楽章にメヌエットを配置しているという珍しい特徴から、ハイドンの交響曲の中でも特に人気の高い作品となっています。

タイトルとURLをコピーしました