エニックス文庫の歴史と特徴

スポンサーリンク

エニックス文庫の歴史と特徴

エニックス文庫とは。

エニックス文庫は、かつてスクウェア・エニックス(旧・エニックス)が発行していた文庫レーベルであり、1989年に創刊されたものの、1997年に刊行を休止しました。

エニックス文庫が誕生した背景

エニックス文庫が誕生した背景

エニックス文庫が誕生した背景

エニックス文庫は、1990年にエニックス(現スクウェア・エニックス)が創設した文庫レーベルです。レーベルの創設は、当時エニックスの取締役編集長だった堀井雄二氏が文庫レーベルの創設を提案したことがきっかけでした。

堀井氏は、文庫レーベルを創設することで、ライトノベルやファンタジー小説などの若い読者層向けの小説をより多くの人に読んでもらえるようになると考えました。また、文庫レーベルを創設することで、エニックスの出版事業の多角化を図り、収益の拡大につなげたいとも考えました。

エニックスは、堀井氏の提案を受け入れて文庫レーベルの創設を決定しました。そして、1990年4月にエニックス文庫が創設されました。

エニックス文庫の特徴と魅力

エニックス文庫の特徴と魅力

エニックス文庫の特徴と魅力

エニックス文庫は、1991年にエニックス(現スクウェア・エニックス)が創刊した文庫レーベルです。当初はエニックスのゲームソフトのノベライズ作品を中心としたレーベルでしたが、次第にゲーム以外の小説作品も刊行されるようになりました。エニックス文庫の特徴は、ライトノベル的な作風の作品が多いことです。ゲームやアニメなどのサブカルチャーを題材にした作品や、恋愛や学園生活を題材にした作品などが多く刊行されています。また、エニックス文庫の作品は、比較的安価なのが特徴です。文庫本としては標準的な価格帯である1冊あたり500円前後で販売されており、学生でも気軽に購入することができます。エニックス文庫は、ライトノベル的な作風の作品を安価で刊行している文庫レーベルとして、多くの読者に支持されています。

エニックス文庫が休刊した理由

エニックス文庫が休刊した理由

エニックス文庫が休刊した理由は、いくつか考えられる。第一に、電子書籍の普及が挙げられる。電子書籍は、紙の書籍よりも安価で、場所を選ばずに読むことができるため、近年、人気が高まっている。このため、紙の書籍の売り上げが減少しており、エニックス文庫もその影響を受けた可能性がある。

第二に、ライトノベルの市場が変化したことが挙げられる。ライトノベルは、かつては若い読者層に人気があったが、近年では、より幅広い年齢層に読まれるようになっている。このため、エニックス文庫がターゲットにしていた若い読者層が減少した可能性がある。

第三に、エニックス文庫の経営方針が変わったことが挙げられる。エニックス文庫は、かつては、ライトノベルを中心とした文庫レーベルだったが、近年では、一般向けの小説やエッセイなども出版するようになっている。このため、エニックス文庫の読者層が分散し、売り上げが減少した可能性がある。

以上の理由から、エニックス文庫は休刊したと考えられる。

タイトルとURLをコピーしました