「エテリア・フィリキ」の歴史と目的

スポンサーリンク

「エテリア・フィリキ」の歴史と目的

エテリア・フィリキとは。

エテリア・フィリキとは、19世紀にギリシャの独立を目指して結成された秘密結社「フィリキ・エテリア」の通称である。

「エテリア・フィリキ」の結成と背景

「エテリア・フィリキ」の結成と背景

-「エテリア・フィリキ」の結成と背景-

「エテリア・フィリキ」は、1814年にニコラオス・スカルマンスがオデッサで結成した秘密結社です。ギリシャの独立を目指して結成されたこのグループは、ギリシャ人だけでなく、ロシア人、ルーマニア人、ブルガリア人、セルビア人など、様々な民族からなるメンバーで構成されていました。「エテリア・フィリキ」は、ギリシャ人の間に独立への意識を高めるために、ギリシャ語の新聞や雑誌を発行し、ギリシャ人の学校を設立しました。

「エテリア・フィリキ」の結成には、ロシアの外交政策が関係していました。ロシアは、オスマン帝国が衰退しているのを機に、バルカン半島に勢力を拡大しようとしていました。ロシアは、ギリシャ人がオスマン帝国に対して反乱を起こせば、ロシアがギリシャを支援してオスマン帝国を弱体化させ、バルカン半島に影響力を拡大できると考えていました。

「エテリア・フィリキ」は、ギリシャの独立を達成するために、ギリシャ人の間に独立への意識を高める活動と、ロシアの支援を受けるための外交活動の両方を行いました。その結果、「エテリア・フィリキ」は、ギリシャの独立運動を主導する組織となり、1821年にギリシャがオスマン帝国から独立を達成するのに貢献しました。

「エテリア・フィリキ」の活動内容と影響

「エテリア・フィリキ」の活動内容と影響

「エテリア・フィリキ」の活動内容と影響

「エテリア・フィリキ」の活動は、ギリシャ独立戦争に大きな影響を与えた。同組織はギリシャ各地に支部を設立し、独立のための資金や武器を調達した。また、ヨーロッパ各国の政府や有力者と交渉し、ギリシャ独立への支持を取り付けた。さらに、ギリシャ人青年を軍事訓練し、独立戦争の準備を整えた。

「エテリア・フィリキ」の活動は、ギリシャ独立戦争の勃発を早めた。1821年、同組織のメンバーであるアレクサンドロス・イプシランティスがオスマン帝国領のモルドバに侵攻した。この侵攻は失敗に終わったが、ギリシャ独立運動のきっかけとなった。

ギリシャ独立戦争は、8年間にわたって続いた激戦の末、1829年にギリシャの独立が認められた。これは、「エテリア・フィリキ」の活動がなければ達成できなかったであろう。同組織は、ギリシャ独立の立役者として、ギリシャ国民から今もなお尊敬されている。

「エテリア・フィリキ」の解散とその後

「エテリア・フィリキ」の解散とその後

「エテリア・フィリキ」の解散とその後

オスマン帝国が帝国全土でますます非寛容な姿勢を強めると、フィリキ・エテリアは機能不全に陥った。1821年、ギリシャ中部でオスマン帝国の支配に対する反乱が勃発し、ギリシャ独立戦争が始まった。フィリキ・エテリアは、この反乱を支援するために資金と武器を提供したが、反乱はすぐに弾圧されてしまった。

オスマン帝国は、フィリキ・エテリアをギリシャ独立戦争の首謀者とみなして弾圧を強化し、フィリキ・エテリアのメンバーはギリシャから国外に逃亡することを余儀なくされた。フィリキ・エテリアは、1821年に解散し、その目的はギリシャの独立達成のために活動する他の組織に引き継がれた。

フィリキ・エテリアの解散後も、ギリシャ独立運動は続き、1830年にギリシャ独立戦争は終わり、ギリシャはオスマン帝国から独立を達成した。フィリキ・エテリアは、ギリシャ独立戦争の勃発に重要な役割を果たし、ギリシャの独立に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました