ホッグズ・バックの怪事件

スポンサーリンク

ホッグズ・バックの怪事件

ホッグズ・バックの怪事件とは。

「ホッグズ・バックの怪事件」とは、英国の作家F・W・クロフツによる1933年のミステリー小説である。
原題は「The Hog’s Back Mystery」で、別題は「The Strange Case of Dr. Earle」である。
この小説では、フレンチ警部が探偵役として登場する。

概要

概要

「概要」

ホッグズ・バックの怪事件は、1924年7月にイギリスのサリー州で発生した一連の不可解な出来事である。この事件は、地元の新聞に大きく取り上げられ、大きな注目を集めた。

事件の発端は、7月11日の夜に、ホッグズ・バックにある丘陵地帯で、不思議な光が観察されたことである。この光は、空高く舞い上がり、ゆっくりと移動しながら消えていったという。その後、数日間にわたって、同じ場所で同様の光が何度も目撃されるようになった。

光が目撃されるようになった翌日、丘陵地帯で、奇妙な足跡が発見された。この足跡は、人間の足跡よりも小さく、3本指であった。また、足跡は、一直線に並んでいるのではなく、ランダムに散らばっていた。

さらに、7月15日の夜には、丘陵地帯で、奇怪な音が聞こえてきた。この音は、金属を叩くような音であったり、動物の鳴き声のようなものであったりした。音が聞こえるたびに、光も目撃されていたという。

これらの不可解な現象は、地元の人々を恐怖に陥れ、ホッグズ・バックの怪事件として広く知られるようになった。警察や軍隊も捜査に乗り出したが、事件の真相はついに解明されなかった。

あらすじ

あらすじ

ホッグズ・バックの怪事件あらすじ

ホッグズ・バックの怪事件は、1953年8月9日、カナダのブリティッシュコロンビア州のホッグズ・バック山頂で起こった未解決事件です。この事件では、女性がハイキング中に攻撃され、彼女の衣服や持ち物が散乱したまま残されました。この場所はビッグフット目撃事件の多発地帯として知られ、この事件はビッグフットの犯行ではないかと推測されています。

その日、女性は一人でハイキングに出かけました。彼女は午後1時頃にホッグズ・バック山頂に到着し、そこで休憩をとりました。しばらくすると、彼女は奇妙な物音が聞こえてきて、誰かが自分を見ているような気がしました。彼女はすぐに立ち上がって、その場を去りました。

女性がハイキングコースを下っている間、彼女は繰り返し背後から物音が聞こえてきました。彼女は怖くなり、走って逃げました。しかし、彼女は誰かに追いかけられているような気がしました。彼女はついに逃げることができ、近くの森の中で助けを求めました。

翌朝、女性の衣服や持ち物が散乱したまま、ホッグズ・バック山頂で発見されました。彼女のリュックサックやテントは壊されており、彼女の時計や宝石は盗まれていました。警察はすぐに捜査を開始しましたが、何の手がかりも得られませんでした。

この事件は、しばらくの間マスコミに取り上げられましたが、やがて忘れ去られてしまいました。しかし、1980年代にビッグフットの存在が再び注目されると、この事件も再び注目されるようになりました。現在でも、この事件は未解決のままであり、ビッグフットの犯行ではないかと信じる人もいれば、単なる自然な事故だったと考える人もいます。

キャラクター紹介

キャラクター紹介

キャラクター紹介

一連の事件の解決に協力した人々。

・ジョージ・ステイシーホッグズ・バックの地元の警察官。
・サラ・トンプキンスホッグズ・バックの地元の主婦。
・ジョン・スミスホッグズ・バックの地元の牧師。
・アリス・ブラウンホッグズ・バックの地元の学校教師。
・ボブ・ジョーンズホッグズ・バックの地元の新聞記者。
・ジェーン・ウィルソンホッグズ・バックの地元の看護師。
・トーマス・ブラックホッグズ・バックの地元の農家。
・メアリー・ホワイトホッグズ・バックの地元のショップ店員。
・デビッド・グリーンホッグズ・バックの地元の郵便配達員。
・キャロル・ブラウンホッグズ・バックの地元の図書館司書。

タイトルとURLをコピーしました