廓の穴 – 落語の演目

スポンサーリンク

廓の穴 – 落語の演目

廓の穴とは。

廓の穴とは、古典落語の演目の一つで、五代目三遊亭圓生が得意としていました。

廓の穴のあらすじ

廓の穴のあらすじ

-廓の穴のあらすじ-

廓の穴は、江戸時代の吉原を舞台とした落語の演目です。主人公は、吉原の遊女であるお染。お染は、ある日、客として来た男に恋をしてしまいます。男の名前は、清吉。清吉は、お染のことを気に入ってくれて、二人は結ばれます。しかし、清吉は、実は盗賊でした。清吉は、お染に盗みの手伝いをさせようとし、お染はそれを拒みます。清吉は怒り、お染を殺そうとします。お染は、必死で逃げ出しますが、清吉に追いつかれてしまいます。その時、お染は、廓の穴に落ちてしまいます。廓の穴は、吉原の遊女たちが、客と密会するために使っていた穴です。お染は、廓の穴に落ちて助かります。

清吉は、お染が死んだと思い、逃走します。お染は、廓の穴から這い出して、吉原に戻ります。お染は、吉原の楼主に助けられ、一命を取り留めます。お染は、清吉のことを恨みながらも、清吉に恋心を抱き続けていました。ある日、お染は、清吉が捕まったことを聞きます。お染は、牢屋を訪ねて、清吉に会います。お染は、清吉に「あなたを許す」と言います。清吉は、お染の言葉を聞いて、涙を流します。お染と清吉は、その後、結婚して幸せに暮らしました。

廓の穴の登場人物

廓の穴の登場人物

廓の穴の登場人物

廓の穴には、数多くの人物が登場します。まず、主人公は助六という男です。助六は、江戸の町で指折りの遊び人といわれています。遊び人とは、遊郭に通い、女性たちと遊びほうけている男たちのことです。助六は、女性たちを口説くのが得意で、いつも多くの女性たちに取り囲まれています。

助六の相棒は、与太郎という男です。与太郎は、助六とは対照的に、非常に純粋な男です。与太郎は、女性とは縁がなく、いつも助六に振り回されています。しかし、助六のことは大好きで、いつも助六の側にいます。

助六と与太郎のライバルは、高尾太夫という女性です。高尾太夫は、江戸の町で指折りの花魁といわれています。花魁とは、遊郭で最も美しい女性のことです。高尾太夫は、助六に思いを寄せていますが、助六は高尾太夫のことを遊び人としてしか見ていません。

助六と与太郎と高尾太夫のほかにも、廓の穴には多くの登場人物が登場します。たとえば、助六の父親である勘右衛門や、助六の母親であるおとく、助六の妹であるお米などです。また、高尾太夫の世話をする女将や、高尾太夫のライバルである花魁たちも登場します。

廓の穴の演じ方

廓の穴の演じ方

廓の穴の演じ方

廓の穴は、色町の穴蔵を舞台にした落語の演目です。主人公の男が、廓の穴蔵に隠れていたところを、遊女に助けられ、その後、遊女と結婚するという人情噺です。廓の穴は、遊郭の遊女と、そこに出入りする客との間の人間模様を描いた人情噺です。

廓の穴を演じる上で大切なのは、遊女と客の人間模様をリアルに描くことです。遊女は、客の相手をすることによって生計を立てている女性ですが、その中には、客に本気で恋をしてしまう遊女もいます。また、客の中には、遊女を単に遊び相手としてしか見ない人もいますが、中には、遊女に本気で恋をする客もいます。遊女と客の人間模様は複雑であり、その微妙な心理描写が廓の穴の見どころのひとつです。

廓の穴を演じるもう一つのポイントは、廓の穴蔵の雰囲気をリアルに描くことです。廓の穴蔵は、遊郭の敷地内にある、穴を掘って作った住居です。穴蔵は、遊郭の敷地内にあるため、常に遊郭の音が聞こえてきます。また、穴蔵は、湿気が多く、暗く、不衛生な場所です。廓の穴蔵の雰囲気をリアルに描くことで、廓の穴の世界観をよりリアルに感じさせることができます。

タイトルとURLをコピーしました