京都二年坂殺人事件のあらすじ・感想・登場人物

スポンサーリンク

京都二年坂殺人事件のあらすじ・感想・登場人物

京都二年坂殺人事件とは。

京都二年坂殺人事件は、山村美紗さんが1987年に発表した長編ミステリー小説です。女検死官・江夏冬子が活躍するシリーズのうちの1作です。

京都二年坂殺人事件のあらすじ

京都二年坂殺人事件のあらすじ

京都二年坂殺人事件のあらすじ

京都二年坂殺人事件は、横山秀夫による日本の小説です。2007年に講談社から単行本が刊行され、2010年に文庫本が刊行されました。

京都の二年坂で、女性が刺殺されるという事件が発生します。捜査を担当することになった刑事の笘篠誠一郎は、被害者が京都祇園の芸妓であることを突き止めます。笘篠は、芸妓の周辺を調べ始め、彼女の元恋人である男性が事件に関与しているのではないかと疑い始めます。

捜査を進めるうちに、笘篠は芸妓の周辺に潜む様々な闇に直面します。芸妓の世界のしきたりや、男性社会の圧力など、様々な問題が絡み合った事件となっていきます。笘篠は、事件の真相を解明するため、粘り強く捜査を続け、ついに事件の犯人を突き止めます。

京都二年坂殺人事件は、ミステリー小説としてだけでなく、社会派小説としても高い評価を受けている作品です。京都の街並みや、芸妓の世界をリアルに描いた作品であり、読者を事件の真相解明に引き込んでいきます。

京都二年坂殺人事件の感想

京都二年坂殺人事件の感想

京都二年坂殺人事件は、伏見稲荷大社への参拝客で賑わう、京都の二年坂を舞台にしたミステリー小説です。この作品は、頭脳明晰な探偵、結城新十郎が、坂の途中に住む資産家の老女が殺害された事件を解決するために奮闘する姿を描いています。

結城は、すぐに容疑者として老女の親族や使用人たちに疑いの目を向けますが、彼らは皆アリバイを持っていました。しかし、結城は諦めずに捜査を続け、やがて事件の真実を突き止めます。

この作品は、殺人事件の捜査過程を丹念に描いているため、読者は結城と一緒に推理を楽しむことができます。また、京都の街並みを背景にした場面描写も美しく、読者を物語の世界へと誘ってくれます。

京都二年坂殺人事件は、ミステリー小説ファンにはたまらない一冊です。結城の鋭い推理力と、京都の街並みを背景にした美しい場面描写に魅了されること間違いなしです。

京都二年坂殺人事件の登場人物

京都二年坂殺人事件の登場人物

京都二年坂殺人事件の登場人物

京都二年坂殺人事件は、京都の二年坂を舞台にした殺人事件を扱った日本のミステリー小説です。この小説には、個性豊かな登場人物たちが登場します。

主人公の探偵・明智小五郎は、鋭い洞察力と推理力で難事件を解決する名探偵です。小五郎は、事件の調査を進める中で、様々な人物と出会います。

被害者の画家の妻・美沙子は、夫を殺害された悲劇のヒロインです。美沙子は、夫の死の真相を明らかにするために、小五郎に捜査を依頼します。

事件の容疑者の一人である画家の弟・圭介は、兄を殺害した疑いをかけられています。圭介は、兄との間に確執を抱えており、兄の死を喜んでいるように見えます。

もう一人の容疑者である画家の妹・絵美子は、兄の死を悲しみ、犯人を捜し出そうとしています。絵美子は、小五郎の捜査に協力し、犯人を追い詰めていきます。

そして、事件の真犯人である画家の友人・伸彦は、画家を殺害した動機を隠すために、巧妙にアリバイを偽装しています。伸彦は、小五郎の推理によって追い詰められ、ついに犯行を自供します。

京都二年坂殺人事件は、個性豊かな登場人物たちが織りなすミステリー小説です。小五郎の推理によって、事件の真相が明らかにされていきます。

タイトルとURLをコピーしました