イギリスの作曲家レイフ・ヴォーン・ウィリアムズによる「揚げひばり」

スポンサーリンク

イギリスの作曲家レイフ・ヴォーン・ウィリアムズによる「揚げひばり」

揚げひばりとは。

揚げひばりとは、20世紀初頭にイギリスの作曲家レイフ・ヴォーン・ウィリアムズが作曲したヴァイオリンと管弦楽のための曲で、1914年から1920年にかけて作曲されました。この曲は原題を《TheLarkAscending》といいます。

「揚げひばり」とは?

「揚げひばり」とは?

「揚げひばり」とは、イギリスの伝統的な料理で、小麦粉をまぶしたウグイス肉を揚げたものである。中世の頃からイギリスに伝わっており、王侯貴族にも愛された料理と伝えられる。

現在では食用ウグイスが手に入りにくくなったため、鶏肉や七面鳥肉で代用されることが多い。揚げた肉をソースやグレービーソースで食べるのが一般的である。

イギリスの作曲家レイフ・ヴォーン・ウィリアムズは、1920年に「揚げひばり」という曲を作曲した。この曲は、イギリスの伝統的な音楽を元に作られており、ウグイスのさえずりや、揚げた肉を食べる音などが表現されている。

「揚げひばり」は、イギリスの伝統的な料理を題材にした曲として、イギリス国内では非常に人気が高い。また、ヴォーン・ウィリアムズの代表作のひとつとしても知られており、世界各地で演奏されている。

「揚げひばり」が作曲された経緯

「揚げひばり」が作曲された経緯

「揚げひばり」が作曲された経緯

イギリスの作曲家、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズは、ロンドンに生まれた。子供の頃から音楽に興味を持ち、王立音楽大学に入学。そこで音楽を学び、作曲を始めた。卒業後は、グスタフ・ホルストに師事。ホルストから作曲を学び、影響を受けた。

1920年、ヴォーン・ウィリアムズは、休暇でグロスターシャー州を訪れた。そこで、地元の人々が「揚げひばり」を歌っているのを聞いた。ヴォーン・ウィリアムズはその歌に感銘を受け、それを元に「揚げひばり」を作曲した。

「揚げひばり」は、1921年に初演された。曲は、イングランドの民謡を題材にしたもので、牧歌的で美しいメロディーが特徴である。曲は、大成功を収め、ヴォーン・ウィリアムズの名を世に知らしめた。

「揚げひばり」は、ヴォーン・ウィリアムズの代表作のひとつで、現在でも世界中で演奏されている。曲は、イギリスの音楽を代表する曲のひとつとされており、イギリスの音楽史において重要な位置を占めている。

「揚げひばり」の特徴と魅力

「揚げひばり」の特徴と魅力

「揚げひばり」の特徴と魅力

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズの「揚げひばり」は、イギリスの伝統的な民謡「揚げひばり」に基づいて書かれた管弦楽曲です。この曲は、1914年に作曲され、1920年に初演されました。「揚げひばり」は、ヴォーン・ウィリアムズの作品の中でも最も人気のある曲の一つであり、世界中のオーケストラによって演奏されています。

「揚げひばり」は、牧歌的な雰囲気を持つ美しい曲です。曲は、弦楽器による穏やかな序奏で始まり、その後、木管楽器と金管楽器が加わって盛り上がっていきます。曲は、最後に再び弦楽器による穏やかな部分に戻り、静かに終わります。

「揚げひばり」の魅力は、そのメロディーの美しさにあります。曲は、イギリスの伝統的な民謡「揚げひばり」に基づいており、そのメロディーは、イギリスの田園風景を思わせるような素朴さを持っています。また、「揚げひばり」は、オーケストレーションの美しさでも知られています。ヴォーン・ウィリアムズは、オーケストラの楽器を巧みに使い分け、曲に豊かな音色を与えています。

「揚げひばり」は、イギリスの伝統的な民謡に基づいて書かれた管弦楽曲です。曲は、牧歌的な雰囲気を持つ美しい曲であり、そのメロディーの美しさやオーケストレーションの美しさから、世界中の人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました