フリートウッド・マックの名曲「ドリームス」の魅力

スポンサーリンク

フリートウッド・マックの名曲「ドリームス」の魅力

ドリームスとは。

「ドリームス」は、イギリスのロックバンドであるフリートウッド・マックの楽曲。1977年に発売されたアルバム「噂」に収録され、全米チャートで1位を記録した。この曲は、バンドのメンバーであるスティーヴィー・ニックスによって書かれた。

「ドリームス」誕生の背景と制作秘話

「ドリームス」誕生の背景と制作秘話

「ドリームス」誕生の背景と制作秘話

1975年、フリートウッド・マックはアルバム「フラミンゴ」をリリースしたが、セールスは伸び悩み、バンドは解散の危機に瀕していた。そんな中、バンドの中心人物であるギタリストのリンジー・バッキンガムと、ボーカルのクリスティン・マクヴィーが、それぞれ自分の恋愛経験を基にした曲を持ち寄った。それが「ドリームス」である。

バッキンガムが持ち寄った曲は、「バンド内のギタリストのジョン・マクヴィーに浮気された恋人への気持ち」を歌ったものであった。マクヴィーが持ち寄った曲は、「バッキンガムと不倫した後に自分の夫であるジョン・マクヴィーに戻った女性」の気持ちを歌ったものであった。

二人の曲が合わさって生まれた「ドリームス」は、愛と裏切り、そして喪失感を描いた曲となった。バンドのメンバー全員が自分の経験を曲に込め、それがバンドの結束力を強め、アルバム「噂」の成功につながった。

「ドリームス」のレコーディングは、1976年春にカリフォルニア州のサウンド・シティ・スタジオで行われた。レコーディングは順調に進み、わずか数日で完成した。しかし、レコーディング中にバンド内のギタリストのジョン・マクヴィーとボーカルのクリスティン・マクヴィーが離婚したため、バンドの雰囲気は悪化していた。バンドのメンバーは、レコーディング中に何度もケンカをしたが、それでも「ドリームス」は完成した。

「ドリームス」は、1977年2月にシングルとしてリリースされ、全米1位を獲得した。この曲は、バンドの代表曲となり、今日でも世界中で愛され続けている。

スティーヴィー・ニックスが描く、愛と喪失の物語

スティーヴィー・ニックスが描く、愛と喪失の物語

スティーヴィー・ニックスが描く、愛と喪失の物語

フリートウッド・マックの「ドリームス」は、別れの痛みと失恋から得た教訓を描いたスティーヴィー・ニックスの私的な物語である。ニックスは、この曲は「私の最も親しい友人の一人との非常に厳しい、非常につらい別れを歌っている」と述べた。この友人は、後にニックスの夫となったリンジー・バッキンガムである。

「ドリームス」は、ニックスがバッキンガムとの別れの痛みを乗り越えようとしている時に書かれた。彼女は、この歌が「彼と私、そしてお互いに何が起こったのかを理解しようとするもの」であると述べた。「私たちが一緒にいたかったが、それができなかったことを理解しようとしていた」

「ドリームス」は、愛の苦しみと、困難な別れを経験した後の希望についてのパワフルな歌である。ニックスのヴォーカルは、悲しみと回復の気持ちを完璧に表現している。この曲は、失恋からの癒しを模索するすべての人々に共感できるものである。

「ドリームス」が切り開いた新しいロックの世界

「ドリームス」が切り開いた新しいロックの世界

「ドリームス」が切り開いた新しいロックの世界

「ドリームス」は、フリートウッド・マックが1977年に発表したアルバム『噂』に収録されている名曲です。この曲は、バンドメンバーであるスティービー・ニックスが、夫リンジー・バッキンガムとの破局をきっかけに書いたものと言われています。

「ドリームス」は、美しいメロディーとハーモニー、そして歌詞の切なさで多くの人々に愛される名曲となりました。また、この曲は、ロックとポップスの融合という新しい音楽性を切り開き、ロックの歴史に大きな影響を与えました。

「ドリームス」の成功は、フリートウッド・マックを世界的なトップバンドへと押し上げました。また、この曲は、多くのアーティストにカバーされ、ロックの定番曲として今もなお愛され続けています。

「ドリームス」は、ロックの歴史に残る名曲であり、ロックとポップスの融合という新しい音楽性を切り開いた曲でもあります。この曲は、今もなお多くの人々に愛され続けており、ロックの定番曲として語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました