メグレの財布を掏った男

スポンサーリンク

メグレの財布を掏った男

メグレの財布を掏った男とは。

メグレ警部の財布を盗んだ男は、ベルギーの作家ジョルジュ・シムノンが1966年に執筆したミステリー小説です。原題は『Le Voleur de Maigret』で、「メグレ警部(警視)シリーズ」の一編です。

ストーリーの概要

ストーリーの概要

ストーリーの概要

メグレ警視がとあるレストランで、男の財布が盗まれる現場を目撃したことから始まる。すぐに男を取り押さえるが、財布はすでに失われていた。メグレは男を尋問し、彼の名前はルイ・デュポンであることが判明する。デュポンは財布を盗んだことを否定し、自分はレストランに食事をしに来ただけで、何も盗んでいないと主張する。しかし、メグレはデュポンの言葉を信じず、彼のアパートを捜索する。すると、なんと盗まれた財布がデュポンのアパートから発見されてしまう。

メグレはデュポンを逮捕し、警察署に連行する。デュポンは財布を盗んだことを自白し、その理由は借金があったからだと供述する。メグレはデュポンの供述を聞いて、彼を同情する。彼はデュポンに二度と犯罪を犯さないように諭し、彼の罪を軽くするための方法を考える。そして、メグレはデュポンを釈放し、彼の借金を肩代わりすることを約束する。

デュポンはメグレの好意に感謝し、二度と犯罪を犯さないことを誓う。そして、彼はメグレに別れを告げ、街を去っていった。

登場人物の特徴

登場人物の特徴

-登場人物の特徴-

-ジュリアス・カエサル-

ジュリアス・カエサルは、紀元前100年頃に生まれた古代ローマの政治家・軍人です。彼は、ローマ帝国の基礎を築いた人物であり、古代史上最も有名な人物の一人です。カエサルは、優れた軍事戦略家であり、政治家でもありました。彼は、ローマ帝国を拡大し、ローマの文化や制度を普及させました。しかし、彼はまた、権力を独占し、共和制を崩壊させた人物としても知られています。

-クレオパトラ-

クレオパトラは、紀元前69年に生まれた古代エジプトの女王です。彼女は、エジプトを繁栄させた人物であり、古代史上最も美しい女性の一人としても知られています。クレオパトラは、知性と美しさに恵まれた女性であり、多くの男性を魅了しました。彼女は、ローマの将軍であるマルクス・アントニウスと恋に落ち、彼との間に子供をもうけました。しかし、彼女は最終的に、ローマの皇帝であるアウグストゥスに敗れ、自殺しました。

-マルクス・アントニウス-

マルクス・アントニウスは、紀元前83年に生まれた古代ローマの政治家・軍人です。彼は、カエサルの友人であり、カエサルの死後は、ローマ帝国の東半分を支配しました。アントニウスは、優れた軍事戦略家であり、政治家でもありました。彼は、エジプトの女王であるクレオパトラと恋に落ち、彼女との間に子供をもうけました。しかし、彼は最終的に、ローマの皇帝であるアウグストゥスに敗れ、自殺しました。

作品が生まれた背景

作品が生まれた背景

「メグレの財布を掏った男」の作品が生まれた背景は、シムノンがパリ警視庁の刑事として働いていた1930年代に遡る。シムノンは、パリの街頭で実際に起こった事件や、警察官から聞いた話を基にして、メグレ警視の小説を書き始めた。

シムノンがメグレ警視の小説を書き始めた頃、パリは犯罪が多発する危険な都市だった。シムノンの小説には、当時のパリの治安の悪さが色濃く反映されている。シムノンの小説は、パリの街並みや人々をリアルに描き、読者に当時のパリの雰囲気を伝えている。

シムノンの小説は、フランス国内だけでなく、海外でも人気を博し、メグレ警視は世界中で愛される人気キャラクターとなった。シムノンの小説は、映画やテレビドラマにもなり、多くの人々に親しまれている。

タイトルとURLをコピーしました