英語教育の功罪

スポンサーリンク

英語教育の功罪

なんで英語やるの?とは。

「なんで英語やるの?」とは、中津燎子の書いた本です。1974年に出版され、その年の第5回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞しました。

中津燎子が見た英語教育の実態

中津燎子が見た英語教育の実態

英語教育の功罪

中津燎子が見た英語教育の実態

中津燎子は、英語教育の功罪について多くのことを語ってきた。彼女は、英語は世界共通語であり、英語を学ぶことは世界の人々とコミュニケーションをとるために必要であると主張している。しかし、彼女はまた、英語教育が過度に重視され、他の教科が軽視されていると批判している。

中津は、英語教育が過度に重視されているために、他の教科が軽視されていると主張している。彼女は、英語の授業時間が他の教科の授業時間を大幅に上回っていることや、英語の成績が他の教科の成績よりも重要視されていることを指摘している。また、英語教育は受験偏重であり、実用的な英語力が身につかないと批判している。

中津は、英語教育は改革されるべきだと主張している。彼女は、英語の授業時間を他の教科の授業時間と均衡させることや、英語の成績を他の教科の成績と同じように評価すること、そして英語教育をより実用的なものにすることを提案している。

英語学習のメリット・デメリット

英語学習のメリット・デメリット

-英語学習のメリット・デメリット-

英語学習には、メリットとデメリットの両面があります。メリットとしては、英語圏の国々とのコミュニケーションが容易になり、世界中の人々と交流できるようになります。また、英語は国際社会の共通語なので、英語を学ぶことで、世界情勢や国際社会の動向を理解しやすくなります。さらに、英語を学ぶことで、英語圏の文化や歴史を理解し、異なる文化を尊重する姿勢を養うことができます。

英語学習のデメリットとしては、英語は習得が難しい言語であり、長い時間をかけて勉強する必要があります。また、英語圏の国々の文化や歴史を理解するためには、その国の言語を深く理解する必要があります。さらに、英語学習には費用がかかり、経済的な負担となる場合があります。

英語学習のメリットとデメリットを比較検討した結果、英語学習は、世界中の人々と交流し、世界情勢や国際社会の動向を理解し、異なる文化を尊重する姿勢を養うために、必要なスキルであると考えられます。しかし、英語学習は、習得が難しく、長い時間をかけて勉強する必要があります。また、英語圏の国々の文化や歴史を理解するためには、その国の言語を深く理解する必要があります。さらに、英語学習には費用がかかり、経済的な負担となる場合があります。

そのため、英語学習を始める前に、英語学習のメリットとデメリットを比較検討し、英語学習を続けるかどうかを慎重に判断することが大切です。

これからの英語教育のあり方

これからの英語教育のあり方

これからの英語教育のあり方

英語教育の功罪に関する議論は、長年にわたって続いてきました。一方では、英語は世界で最も広く話されている言語であり、国際社会で成功するために不可欠であるという意見があります。また一方で、英語教育は母国語の学習を犠牲にして行われており、日本の文化やアイデンティティを損なうものであるという意見もあります。

これからの英語教育のあり方は、これらの両方の意見を考慮したものになるべきです。英語は国際社会で活躍するために必要なツールですが、それを学ぶために母国語の学習を犠牲にすることはあってはなりません。英語教育は、日本の文化やアイデンティティを尊重しながら、国際社会で活躍できる人材を育成するものであるべきです。

具体的には、英語教育のあり方を改善するために次のようなことが考えられます。

* 英語教育の開始時期を遅らせる。
* 英語教育の内容を、国際社会で活躍するために必要な実用的なものに絞る。
* 英語教育の評価方法を、読む・書く・聞く・話すの4技能をバランスよく評価するものにする。
* 英語教育の教師の質を高める。

これらのことを行うことで、英語教育の功罪に関する議論を解消し、日本の英語教育のあり方を改善することができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました