メリー・ウィドウの作品解説と聴きどころ

スポンサーリンク

メリー・ウィドウの作品解説と聴きどころ

メリー・ウィドウとは。

メリー・ウィドウは、1905年にオーストリアの作曲家フランツ・レハールによって作曲された全3幕のオペレッタです。原題は「DielustigeWitwe」であり、ドイツ語で「陽気な未亡人」を意味します。このオペレッタは、裕福な未亡人ハンナをめぐる喜劇であり、世界中で上演されています。

メリー・ウィドウとは

メリー・ウィドウとは

「メリー・ウィドウとは」

「メリー・ウィドウ」は、フランツ・レハール作曲の3幕のオペレッタです。1905年にウィーンのテアター・アン・デア・ウィーンで初演され、その後世界中で上演されてきました。このオペレッタは、パリの社交界を舞台に、若い未亡人ハンナ・グラヴァリと、彼女をめぐる男性たちの恋愛模様を描いています。

「メリー・ウィドウ」は、レハールの代表作であり、オペレッタの傑作のひとつとして知られています。このオペレッタは、美しいメロディーと華やかな舞台装置で人気を博し、世界中で愛されています。また、「メリー・ウィドウ」は、レハールの音楽の才能を遺憾なく発揮した作品であり、彼の代表作のひとつに数えられています。このオペレッタは、オペレッタのファンだけでなく、クラシック音楽のファンにも親しまれています。

メリー・ウィドウの見どころ

メリー・ウィドウの見どころ

-メリー・ウィドウの見どころ-

メリー・ウィドウは、豪華なセットや衣装、華やかなダンスシーンなど、見どころ満載の作品です。

特に、第2幕のハンナ・グラヴァリーの別荘での舞踏会シーンは圧巻です。このシーンでは、メリー・ウィドウとダニロが初めて出会い、恋に落ちるのですが、その様子が華やかな音楽とダンスで表現されています。

また、第3幕のヴィクトリア広場での大晦日のシーンもおすすめです。このシーンでは、メリー・ウィドウとダニロの結婚式が行われ、パリ中の人々が祝福のために集まります。

華やかな音楽とダンスで盛り上がるこのシーンは、メリー・ウィドウのクライマックスとも言えるでしょう。

さらに、メリー・ウィドウには、個性豊かなキャラクターが登場することも見どころの一つです。

主人公のメリー・ウィドウは、美しく聡明で自立した女性です。彼女は、亡くなった夫の莫大な財産を狙う人々から身を守りながら、新しい人生を歩み始めます。

ダニロは、メリー・ウィドウに恋する若い外交官です。彼は、彼女の魅力に惹かれ、彼女を手に入れるために奮闘します。

バロン・ゼットは、メリー・ウィドウの財産を狙う悪役です。彼は、彼女をだまして結婚しようとしたり、彼女の財産を盗もうとしたりします。

メリー・ウィドウの友人であるヴァランシエンヌは、若くて美しい女性です。彼女は、ダニロに恋していますが、彼には振り向いてもらえません。

これらの個性豊かなキャラクターが織りなす人間模様も、メリー・ウィドウの見どころの一つです。

メリー・ウィドウの聴きどころ

メリー・ウィドウの聴きどころ

-メリー・ウィドウの聴きどころ-

メリー・ウィドウは、軽快な音楽と美しいメロディーで知られるオペレッタです。中でも、以下の曲は特に聴きどころです。

* -「唇は語らずとも」-この曲は、主人公のハンナ・グラヴァリとダニロが、お互いに恋心を抱いていることを告白する二重唱です。美しいメロディーと二人の歌手の掛け合いが印象的です。
* -「優雅な未亡人」-この曲は、ハンナ・グラヴァリの美しさと魅力を称賛する合唱曲です。軽快なリズムと華やかなメロディーが特徴的で、オペレッタのハイライトの一つです。
* -「ヴィリヤの娘」-この曲は、ダニロが故郷のヴィリヤを懐かしむアリアです。美しいメロディーとダニロの情感のこもった歌声が印象的です。
* -「ダニロの二重唱」-この曲は、ダニロとハンナ・グラヴァリが、二人の愛を誓う二重唱です。美しいメロディーと二人の歌手の掛け合いが印象的で、オペレッタのクライマックスの一つです。

これらの曲は、メリー・ウィドウの聴きどころのほんの一部です。オペレッタ全体を通して、軽快な音楽と美しいメロディーを楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました