小さなトロールと大きな洪水

スポンサーリンク

小さなトロールと大きな洪水

小さなトロールと大きな洪水とは。

「小さなトロールと大きな洪水」は、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンが書いたムーミン童話シリーズの第一作です。この小説は1945年に出版されました。

トーベ・ヤンソンの小説『小さなトロールと大きな洪水』

トーベ・ヤンソンの小説『小さなトロールと大きな洪水』

-トーベ・ヤンソンの小説『小さなトロールと大きな洪水』-

トーベ・ヤンソンの小説『小さなトロールと大きな洪水』は、1945年にスウェーデンで最初に出版されました。この小説は、ムーミントロールと彼の友人たちが、大洪水から逃れるために森の中を旅する物語です。

この小説は、ヤンソンのムーミンシリーズの2番目の小説です。最初の小説『ムーミントロールと彗星』が成功を収めた後、ヤンソンはすぐに続編を書き始めました。『小さなトロールと大きな洪水』は、前作よりも冒険的でエキサイティングなストーリーになっています。

この小説は、ヤンソンの特徴的なイラストで彩られています。これらのイラストは、物語を生き生きとさせ、読者の想像力をかきたてます。

『小さなトロールと大きな洪水』は、子供から大人まで楽しめる小説です。この小説は、友情、勇気、そして希望の大切さを教えてくれます。

この小説は、何度も映画化やアニメ化されています。最も有名なのは、1979年に公開された宮崎駿監督のアニメ映画『ムーミンの冒険』です。この映画は、世界中で大ヒットし、ムーミンの知名度をさらに高めました。

『小さなトロールと大きな洪水』は、ヤンソンの代表作のひとつであり、世界中で愛されている小説です。

ムーミンシリーズの第1作

ムーミンシリーズの第1作

「小さなトロールと大きな洪水」の章は、ムーミンシリーズの第1作「小さなトロールと大きな洪水」の冒頭部分です。この章では、ムーミン谷に大洪水が起き、ムーミン一家が家を離れて避難するまでの様子が描かれています。ムーミン谷の住人たちは、洪水の危険を最初はそれほど真剣に受け止めていませんでした。しかし、洪水が近づいて来るにつれて、次第に不安になっていきます。ムーミン一家は、洪水から逃れるために、家財道具を荷車に積んで、ムーミン谷を離れることにしました。

彼らは、荷車を引いて、森の中を歩き始めました。やがて、彼らは大きな木の下に到着しました。ムーミン一家は、その木の下に荷車を置き、一休みすることにしました。荷車には、ムーミン一家の家財道具だけでなく、ムーミントロールのおもちゃも積まれていました。ムーミントロールは、おもちゃを使って、一人で遊び始めました。

やがて、空が暗くなり始めました。雨が降り始め、次第に強くなってきました。あっという間に、森の中は洪水になりました。ムーミン一家は、急いで木の上に登りました。荷車はおもちゃもろとも洪水に流されてしまいました。ムーミン一家は、木の上に登ったものの、洪水はどんどん高くなっていきました。ムーミン一家は、木の上に登ったものの、洪水はどんどん高くなっていきました。ムーミン一家は、木にしがみつきながら、必死で耐えていました。

やがて、雨が止んで、洪水は引いていきました。ムーミン一家は、木から降りて、あたりを見回しました。ムーミン谷は、洪水によってすっかり変わってしまっていました。ムーミン一家は、洪水によって流された荷車や家財道具を探しましたが見つかりませんでした。ムーミントロールのおもちゃも見つかりませんでした。ムーミン一家は、新しい家を建て直すために、みんなで力を合わせて働き始めました。

1945年に刊行

1945年に刊行

1945年に刊行

「小さなトロールと大きな洪水」は、1945年に刊行された児童文学の古典です。作者は、アメリカの作家であるシグリー・ウンセットです。この物語は、ノルウェーの民話に基づいており、小さなトロールが大きな洪水を防ぐために奮闘する姿を描いています。

この物語は、ある村の近くの森に住んでいた小さなトロールから始まります。トロールは、森の中で幸せに暮らしていましたが、ある日、大きな洪水が村を襲います。トロールは、村の人々を助けるために、山の神様に助けを求めます。山の神様は、トロールに大きな岩を与え、洪水を防ぐように言います。

トロールは、大きな岩を担いで、山の頂上に登ります。そして、岩を洪水の中に投げ入れました。すると、不思議なことが起こりました。岩は、洪水を食い止めて、村を救ったのです。村の人々は、トロールに感謝し、トロールは村の英雄となりました。

「小さなトロールと大きな洪水」は、勇気と友情の大切さを教えてくれる物語です。また、ノルウェーの民話に基づいているため、ノルウェーの文化や歴史を学ぶことができます。この物語は、世界中で愛されており、多くの言語に翻訳されています。

タイトルとURLをコピーしました