エド・マクベインの警察小説「通り魔」

スポンサーリンク

エド・マクベインの警察小説「通り魔」

通り魔とは。

「通り魔」とは、米国の作家エド・マクベインが1956年に発表した警察小説である。原題は「The Mugger」で、「87分署」シリーズの一作目である。

「通り魔」とは?

「通り魔」とは?

「通り魔」とは、エド・マクベインが1956年に発表した警察小説です。原題は “Cop Hater” で、直訳すると「警官嫌い」という意味になります。マクベインは、この作品で、犯罪都市であるニューヨークを舞台に、警官を標的にした連続殺人事件を追う刑事たちの姿を描いています。

「通り魔」は、マクベインの代表作のひとつであり、多くの言語に翻訳され、世界中で読まれています。また、映画やテレビドラマにも翻案されており、日本でも広く知られています。

「通り魔」の主人公は、ニューヨーク市警の刑事、スティーブ・ケアリーです。ケアリーは、警官が殺害された事件を担当することになり、捜査を進めていくうちに、犯人が警官を標的にしていることに気づきます。ケアリーは、犯人を追跡し、ついに逮捕に成功します。

「通り魔」は、マクベインの緻密なプロットと、リアルな描写で知られています。マクベインは、この作品で、犯罪都市の闇と、そこに生きる人々の姿を描き出しています。また、マクベインは、この作品で、警官の葛藤と苦悩も描いています。ケアリーは、犯人を追跡する中で、自分が警察官であることの意味を考えさせられます。

「通り魔」は、犯罪小説の傑作のひとつであり、多くの読者に愛されています。この作品は、犯罪都市の闇と、そこに生きる人々の姿をリアルに描き出しており、また、警官の葛藤と苦悩にも迫っています。

「通り魔」のあらすじ

「通り魔」のあらすじ

「通り魔」のあらすじ

ニューヨーク市を恐怖に陥れている通り魔を探し出そうと、刑事たちが懸命に捜査している。通り魔はこれまで10人を殺害しており、その手口は非常に残忍である。刑事たちは通り魔の正体を暴くために、あらゆる手がかりを探している。しかし、通り魔は非常に巧妙で、なかなかその正体がわからない。

そんな中、刑事たちは通り魔が殺害した被害者の遺体から、ある共通点を見つける。それは、被害者全員が頭部に傷を負っていたということである。刑事たちは、この傷が通り魔の凶器であると考える。そして、この傷をヒントに、通り魔の正体を突き止めようとする。

刑事たちは、通り魔の凶器がハンマーであると推測し、ハンマーを持っている人物を捜査する。そして、ついに通り魔の正体が判明する。通り魔は、過去にハンマーで人を殺害した前科のある男であった。

刑事たちは、通り魔を逮捕し、裁判にかけた。通り魔は、すべての罪で有罪となり、死刑を宣告された。通り魔は、死刑を執行され、ニューヨーク市は通り魔の恐怖から解放された。

「通り魔」の登場人物

「通り魔」の登場人物

「通り魔」の登場人物

エド・マクベインの警察小説「通り魔」は、ニューヨーク市を舞台に、87分署の刑事が通り魔連続殺人を捜査する物語である。 この小説には、数多くの個性豊かな登場人物が登場する。

主人公は、87分署の刑事スティーブ・カレラである。彼は、30代後半のイタリア系アメリカ人で、ニューヨーク市警では20年のキャリアを積んでいる。カレラは、優れた刑事であり、捜査には非常に情熱的である。しかし、彼はまた、短気で衝動的な一面も持っている。

カレラの部下である刑事には、マイヤー・マイヤーとバート・クリングがいる。マイヤーは、カレラの良き相棒であり、冷静で理性的で有能な人物である一方、クリングは、若く経験の浅い刑事だが、熱意と野心に満ちている。

87分署の署長であるリチャード・フォーブスは、有能で経験豊かな警察官である。彼は、カレラを信頼しており、彼に捜査の指揮を任せる。しかし、フォーブスはまた、政治的な駆け引きにも長けた人物である。

小説には、他に数多くの魅力的な登場人物が登場する。通り魔の犠牲者である女性たち、彼女たちの家族、そして捜査に関わるジャーナリストや検察官などである。これらの登場人物たちは、それぞれがユニークな視点から物語に彩りを添え、読者にとって魅力的なキャラクターとなっている。

タイトルとURLをコピーしました