青函特急殺人ルート – 1989年刊行のトラベルミステリー

スポンサーリンク

青函特急殺人ルート – 1989年刊行のトラベルミステリー

青函特急殺人ルートとは。

「青函特急殺人ルート」は、西村京太郎が1989年に発表した、十津川警部シリーズの長編推理小説です。青函トンネルを舞台にしたトラベルミステリーで、十津川警部が難事件を解決するストーリーです。

十津川警部が挑む青函トンネルの難事件

十津川警部が挑む青函トンネルの難事件

十津川警部が挑む青函トンネルの難事件

青函トンネルの開業が近づく中、トンネル内を走る特急列車内で殺人事件が発生した。東京から函館に向かう特急「北斗星」の個室で、男性の遺体が発見されたのだ。被害者は、東京の出版社に勤める編集者で、北海道出身の大学教授の妻であった。

函館県警は、すぐに捜査を開始した。しかし、青森と函館の県境にある青函トンネルは、そのあまりの長さと複雑さから、捜査を難航させていた。さらに、事件当日の「北斗星」には、多くの乗客が乗車しており、捜査はさらに困難を極めた。

そんな中、捜査に行き詰まった函館県警は、警視庁の十津川警部に協力を要請した。十津川警部は、北海道出身で、青函トンネルの事情にも詳しく、難事件を解決するのに最適な人材であった。

十津川警部は、函館に到着すると早速捜査を開始した。まず、被害者の身元と経歴を調べ上げた。すると、被害者は、北海道の大学教授の妻であり、夫とは別居中であることが判明した。さらに、被害者は、最近、夫の不倫を疑っており、夫の北海道出張に同行して、夫の行動を監視していたことも判明した。

十津川警部は、被害者の夫を疑い、事情聴取を行った。しかし、夫は、犯行を否認し、アリバイもあった。そこで、十津川警部は、夫の不倫相手である女性に注目した。その女性は、夫と同じ大学に勤める准教授であり、被害者と面識があった。

十津川警部は、女性を事情聴取したところ、女性は、夫との不倫関係を認め、被害者とは面識があったことも認めた。しかし、女性は、犯行を否認した。

十津川警部は、女性のアリバイを調べ上げたところ、事件当日は、女性は大学にいたことが判明した。しかし、女性は、大学を出た後にどこに行ったのかを覚えていなかった。

十津川警部は、女性の行動をさらに詳しく調べ上げたところ、女性が事件当日の夜、青函トンネルの青森側の入り口付近にいたことが判明した。さらに、女性が、その付近で、何者かと会っていたことも判明した。

十津川警部は、女性が、その人物と共謀して、被害者を殺害したのではないかと疑った。そこで、十津川警部は、その人物を捜索したところ、その人物は、女性と同じ大学に勤める助教授であることが判明した。

十津川警部は、助教授を事情聴取したところ、助教授は、女性との不倫関係を認め、被害者とは面識があったことも認めた。さらに、助教授は、事件当日の夜、青函トンネルの青森側の入り口付近で、女性と会っていたことも認めた。

旅情あふれる青森・北海道を舞台に展開するミステリー

旅情あふれる青森・北海道を舞台に展開するミステリー

青函特急殺人ルートは、1989年に刊行されたトラベルミステリー小説です。旅情あふれる青森・北海道を舞台に展開するミステリーで、旅情とミステリーを融合させた独創的な作品として人気を博しました。

作者は、推理小説作家として活躍する西村京太郎氏です。西村京太郎氏は、旅情ミステリーという新しいジャンルを切り開き、数々のヒット作を生み出しました。青函特急殺人ルートも、その代表作のひとつであり、多くの人々に愛されています。

青函特急殺人ルートの舞台は、青森県と北海道を結ぶ青函特急です。青函特急は、北海道と本州を結ぶ唯一の鉄道であり、多くの人々が利用しています。小説では、この青函特急の中で殺人事件が発生します。

殺人事件の被害者は、青函特急の車掌である杉本一郎です。杉本一郎は、青函特急の車内で何者かに殺害されます。警察は捜査を開始しますが、犯人はなかなか見つかりません。

そんな中、旅行作家の十津川警部は、青森・北海道への旅に出発します。十津川警部は、旅先で青函特急殺人事件のことを知り、捜査に乗り出します。十津川警部は、独自の捜査で犯人を追い詰めていきます。

そしてついに、十津川警部は犯人を逮捕します。犯人は、青森県に住む無職の男性でした。男性は、青函特急の中で杉本一郎とトラブルになり、殺害したことを自白します。

青函特急殺人ルートは、旅情とミステリーが融合した独創的な作品です。作者の西村京太郎氏が得意とする旅情ミステリーの醍醐味を存分に味わうことができます。

西村京太郎の代表作のひとつ

西村京太郎の代表作のひとつ

西村京太郎の代表作のひとつである「青函特急殺人ルート」は、1989年に刊行されたトラベルミステリーです。青函連絡船を舞台とした物語で、青森から函館へ向かう船内で起こった殺人事件を追うという内容です。本作は、西村京太郎の「十津川警部シリーズ」の第29作であり、シリーズの中でも特に人気のある作品のひとつです。

本作の主人公は、十津川警部と亀井刑事です。二人は、青森から函館へ向かう青函連絡船の中で、殺人事件が発生したという知らせを受け、現場へ向かいます。被害者は、青森県警の刑事である田辺警部補でした。田辺警部補は、船室の中で何者かによって刺殺されており、犯人は現場から逃走していました。

十津川警部と亀井刑事は、捜査を開始し、田辺警部補の交友関係や事件当日の行動を調べ始めます。しかし、田辺警部補は、普段から交友関係が広く、事件当日は多くの場所を訪れており、犯人を特定するのは困難を極めます。十津川警部と亀井刑事は、粘り強く捜査を続け、やがて田辺警部補の殺害事件と、数年前の別の殺人事件との間に関連性があることを突き止めます。

タイトルとURLをコピーしました