「八月のマルクス」新野剛志のミステリー小説

スポンサーリンク

「八月のマルクス」新野剛志のミステリー小説

八月のマルクスとは。

「新野剛志の小説『八月のマルクス』は、1999年、第45回江戸川乱歩賞を受賞しました。」

小説のあらすじ

小説のあらすじ

現代の日本の経済界に精通する経営コンサルタントの新野剛志は、大手保険会社のとある幹部を主人公にしたミステリー小説「八月のマルクス」を発表しました。新野はジャーナリストとしての経験もあるほど鋭い観察眼と洞察力を持ち、小説では、現代日本の経済・社会情勢を背景にした複雑でスリリングなミステリーを描き出しています。

小説のストーリーは、アメリカの大物投資家による日本企業買収の計画に端を発します。この計画を阻止するため、主人公は、政府、財界、マスコミを巻き込んだ熾烈な戦いに挑むことになります。小説では、新野の持ち前の経済・社会に対する鋭い洞察力と、社会派ミステリーならではのスピード感のある展開が融合した、読み応えのある物語となっています。

この小説の読みどころ

この小説の読みどころ

この小説の読みどころは、マルクス主義を題材にしている点にあります。マルクス主義は、カール・マルクスの思想を基盤とした社会主義の学説です。この小説では、マルクス主義の理論を背景に、主人公たちが社会の矛盾や不正と闘う姿が描かれています。

また、この小説はミステリー小説でもあります。主人公たちは、連続殺人の謎を解き明かしていくことになります。ミステリー小説としての面白さはもちろん、マルクス主義の思想を背景としていることで、より深い読み方ができるようになっています。

さらに、この小説では、現代社会の様々な問題も取り上げられています。格差社会、貧困、環境破壊など、現代社会が抱える問題が、マルクス主義の視点から描かれています。これは、読者に現代社会を改めて見つめ直すきっかけを与えてくれるでしょう。

作者の新野剛志とは

作者の新野剛志とは

新野剛志は、1977年生まれの作家である。一橋大学経済学部を卒業後、出版社の編集者を経て2007年に「ミステリー作家になりたい」という思いで退職し、執筆活動を開始する。

2009年、「チューリップの散る街」で第2回朝日新人文学賞を受賞し、デビューする。2012年には「逃亡者」で第6回このミステリーがすごい!大賞を受賞し、一躍人気作家となる。

新野の作品は、緻密なミステリーと社会派のテーマが融合しているのが特徴で、社会の闇や人間の業を描いた作品が多い。また、作品の中には、新野が実際に取材した事件や人物が登場することもある。

新野は、作家としてデビューする前に、出版社の編集者として働いていた経験がある。そのため、出版業界の裏側や作家たちの苦労を熟知しており、作品にもその経験を生かしている。また、新野は、警察や医療などの専門家にも取材をして作品を執筆しているので、作品には リアリティーがある。

タイトルとURLをコピーしました