赤川次郎の恐怖小説「夜警」

スポンサーリンク

赤川次郎の恐怖小説「夜警」

夜警とは。

「夜警」とは、赤川次郎が2007年に執筆した、長編のホラーサスペンス小説です。

「夜警」の世界観と人物像

「夜警」の世界観と人物像

「夜警」の世界観と人物像

赤川次郎の恐怖小説「夜警」は、1982年に発表された短編小説であり、1985年に映画化されている。この小説は、異なる視点から語られる3つの物語で構成されており、それぞれが不気味な雰囲気を醸し出している。

最初の物語では、主人公の男性が深夜の街を歩いていたところ、謎の男に追いかけられる。男性は必死で逃げようとするが、やがて男に追い詰められてしまう。すると、突然男は姿を消し、男性は死ぬ間際に、男の正体が何であったかを知ることになる。

2番目の物語では、ある少年が、夜になると不思議な夢を見る。その夢の中では、少年は自分が「夜警」として、街を徘徊する。少年は、街を脅かす悪に立ち向かうが、やがて自分が悪と化したことに気づき、愕然とする。

3番目の物語では、ある女性が、夫と息子を殺され、復讐を誓う。女性は、犯人を突き止め、復讐を果たす。しかし、復讐を果たしたことで、女性は自分が狂ってしまったことに気づく。

この小説の登場人物は、いずれも孤独で、闇を抱えている。彼らは、夜の世界で、悪と戦い、苦しみ、そして死んでいく。小説のタイトルである「夜警」は、この小説の世界観を象徴している。夜警とは、夜の闇の中で街を巡回し、犯罪や火災を防ぐ仕事であり、この小説の登場人物たちは、まさに現代の夜警なのである。

「夜警」の面白さとは

「夜警」の面白さとは

「夜警」は、赤川次郎氏の初期の代表作の一つで、1978年に発表されたホラー小説である。この作品は、主人公の坂崎健一が、大学時代の友人である小暮秀一から、彼の大学時代の恋人の失踪事件の調査を依頼されることから始まる。坂崎健一は、小暮秀一と共に、恋人の失踪事件を追ううちに、大学の学長室に隠された秘密を知ることになる。

「夜警」の面白さは、なんといってもその恐怖感の演出にある。赤川次郎氏は、人間の心の闇や恐怖を巧みに描写しており、読者は、主人公の坂崎健一と共に、恐怖の世界に引き込まれることになる。また、この作品は、大学という閉鎖された空間を舞台としており、それがさらに恐怖感を増幅させている。

さらに、「夜警」の面白さは、その意外な展開にある。読者は、最後まで犯人が誰なのか、どのような結末を迎えるのかを予想することができないだろう。赤川次郎氏は、巧妙な伏線を張り巡らせており、読者は、その伏線に気づいたとき、大きな衝撃を受けることになる。

「夜警」は、ホラー小説の傑作として、多くの人々に愛されている作品である。その恐怖感の演出や意外な展開は、読者を最後まで飽きさせないだろう。ホラー小説が好きな人におすすめの作品である。

「夜警」の読後感と評価

「夜警」の読後感と評価

「夜警」は、赤川次郎氏の代表作の一つであり、1981年に発表されて以来、多くの読者に愛されてきたホラー小説です。読後感は、恐怖や不気味さといったホラー小説らしいものに加えて、人間の心の闇や社会の歪みといった、考えさせられるものが多く含まれています。

主人公は、ある会社の新入社員である水原健一です。水原は、ある日、会社の屋上で若い女性の幽霊を見かけ、それからというもの、毎晩のようにその幽霊に悩まされるようになります。幽霊は次第に彼に近づき、彼を恐怖のどん底に陥れていきます。

水原は、幽霊の正体を突き止めるために、彼女の死の真相を探り始めます。そして、彼女の死には、ある大きな陰謀が隠されていることを知ります。水原は、その陰謀に巻き込まれ、命の危険にさらされることになりますが、なんとかそこから逃れることに成功します。

しかし、水原は、この事件をきっかけに、人間の心の闇や社会の歪みを知ることになります。そして、それからは、それまでとは違う人生を送るようになります。「夜警」は、ホラー小説でありながら、人間の心の闇や社会の歪みを描いた、奥深い小説です。

タイトルとURLをコピーしました