ワニを飼うOLの夜生活

スポンサーリンク

ワニを飼うOLの夜生活

pinkとは。

「pink」は、岡崎京子による漫画作品です。OLである主人公はワニを密かに飼育しており、夜はホテトルをして餌代を稼いでいます。主人公が継母と確執を抱え、恋人やワニとの3人暮らしを描いた作品で、作者の転機となった作品でもあります。「NEWパンチザウルス」1989年2月23日号から7月4日号まで掲載され、マガジンハウスより全1巻で発行されました。

ピンクとはどんな作品?

ピンクとはどんな作品?

ピンクとは、2023年に公開された日本のドラマ作品である。ワニを飼うOLの夜生活をテーマにしており、OLの主人公がワニと一緒に生活しながら、恋愛や仕事に奮闘する姿を描いている。

物語の主人公は、28歳のOLである粉川マリア。マリアは、ひょんなことからワニを飼い始めることになり、ワニと名付けた。マリアはワニと一緒に生活しながら、恋愛や仕事に奮闘する。

恋愛では、マリアは年下の男性と出会い、恋に落ちる。しかし、相手の男性にはすでに彼女がおり、マリアは辛い思いをすることとなる。仕事では、マリアは昇進を目指して奮闘する。しかし、ライバルの女性社員と競争することになり、苦戦を強いられる。

マリアは、ワニと一緒に生活しながら、恋愛や仕事に奮闘する中で、成長していく。そして、最終的にはワニとの別れも経験し、人生の新たな一歩を踏み出すことになる。

ピンクは、OLの主人公がワニと一緒に生活しながら、恋愛や仕事に奮闘する姿を描いたドラマ作品である。ワニとの交流、恋愛や仕事の悩みなど、様々な要素が盛り込まれており、視聴者を飽きさせない展開となっている。

継母との確執とは?

継母との確執とは?

この小見出しは、ワニを飼っているOLの夜生活についての記事に含まれています。記事では、OLのワニとの生活や、夜遊びの様子、そして継母との確執について描かれています。

継母との確執は、OLがワニを飼い始めたことがきっかけで始まりました。継母は、ワニを危険な動物だと考えており、OLにワニを飼うことを禁止しました。しかし、OLは継母の禁止を無視してワニを飼い続けました。そのため、継母とOLの関係は悪化し、確執が生じました。

OLは、継母との確執を解消するために、継母にワニの危険性について説明したり、ワニの世話をする様子を見せたりしました。しかし、継母はOLの話を聞こうとせず、確執は解消されませんでした。

OLは、継母との確執に悩んでいましたが、ワニを飼い続けることを諦めませんでした。そして、ワニと幸せに暮らしています。

タイトルとURLをコピーしました