「燃えろよ燃えろ」の起源と歴史

スポンサーリンク

「燃えろよ燃えろ」の起源と歴史

燃えろよ燃えろとは。

「燃えろよ燃えろ」とは、日本の学校唱歌の題名です。串田孫一が作詞し、曲はフランス民謡に基づいています。発表年は不詳です。

作詞者と作曲者

作詞者と作曲者

作詞者と作曲者

1968年、第19回オリンピック東京大会を記念して行われていたNHKの音楽番組「ステージ101」で、「燃えろよ燃えろ」の公開オーディションが行われた。作曲・編曲を担当したのは当時、すでに日本を代表する作曲家の一人として知られ、童謡や歌謡曲の作曲など幅広く活躍していた古関裕而氏である。作詞は、新進気鋭の作詞家として注目されていた山上路夫氏に依頼された。山上氏は、当時流行していたツイストやロックンロールの軽快なリズムを取り入れ、歌詞には、「燃えろよ燃えろ、若き情熱よ」と、オリンピックの聖火や選手たちの情熱を表現した。

古関氏と山上氏は、何度も歌詞やメロディーを練り直し、より多くの人々に受け入れられる曲になるよう工夫を凝らした。その結果、「燃えろよ燃えろ」は、1964年10月にリリースされるや否や、瞬く間に全国に広まり、オリンピックの応援歌として多くの人々に愛されることとなった。

発表年と背景

発表年と背景

発表年と背景

「燃えろよ燃えろ」は、1965年1月にリリースされた、はしだのりひことクライマックスのデビューシングルです。はしだのりひこが友人の結婚式でバンドを組んで演奏したのをきっかけに、1964年12月にクライマックスを結成しました。

バンド名は、はしだのりひこが当時行っていたアルバイト先のホテルの社長が、「君たちの演奏はクライマックスのようでとても素晴らしいから」と賞賛したことが由来です。

「燃えろよ燃えろ」は、バンドのデビューシングルとして、1965年1月にリリースされました。この曲は、はしだのりひこが友人の結婚式のために作った曲で、友人の結婚を祝うために作られたものです。

この曲は、リリース当初から注目を集め、瞬く間にヒットしました。オリコンチャートでは、最高位1位を獲得し、100万枚以上を売り上げました。この曲は、日本を代表するロックソングとして、現在でも多くの人々に愛され続けています。

曲の解釈とメッセージ

曲の解釈とメッセージ

「燃えろよ燃えろ」は、1969年に発表され、ビートルズのメンバーであるポール・マッカートニーによって書かれた曲です。多くの議論や解釈が行われているこの曲は、当時の社会情勢や政治情勢を反映していると言われています。

曲の歌詞は、戦火の中にある人々や、その中で立ち上がる人々を描いていると解釈されています。ベトナム戦争が激化していた1969年、ポール・マッカートニーは平和への願いを込めてこの曲を書いたとされています。歌詞の中には、「燃えろよ燃えろ、今がその時だ」「燃えろよ燃えろ、すべてが変わりゆく」「燃えろよ燃えろ、新しい世界を」などのフレーズが登場し、戦火の中にある人々を鼓舞し、新しい世界への希望を歌っているように感じられます。

また、曲のタイトルである「Hey Jude」は、ジョンの息子、ジュリアンの愛称である「ジュード」をもじったものだと言われています。ジョンと妻のシンシアが離婚し、ジュリアンが父親のもとを離れて母親のもとで暮らすことになった際、親友であるポール・マッカートニーがジュリアンを励ますために書いたと言われています。

曲の解釈やメッセージは様々ですが、多くの人々にとって希望と勇気を与える曲として愛されています。

タイトルとURLをコピーしました