スター・ウォーズ聖地の罠 (小説)

スポンサーリンク

スター・ウォーズ聖地の罠 (小説)

スター・ウォーズ聖地の罠とは。

「スター・ウォーズ聖地の罠」とは、1997年に発売されたスター・ウォーズシリーズのスピンオフ小説です。A.C.クリスピンさんが執筆し、映画に登場するハン・ソロの若い頃の活躍を描いたシリーズ「ハン・ソロ」三部作の第一弾です。

概要

概要

スター・ウォーズ聖地の罠は、エイブラムズ・バーンズによるスター・ウォーズの小説である。2015年9月より全世界同日発売。レイア・オーガナ、ハン・ソロ、チューバッカ、C-3POなど、スター・ウォーズの主人公や主要なキャラクターが登場する。

本作は、フォースの覚醒の6か月後を舞台にしている。ファースト・オーダーは共和国を支配し、反乱軍は分散して窮地に立たされている。レイアは、反乱軍を再結成し、ファースト・オーダーを打倒するため、フォースの聖地を探す旅に出る。旅の途中で、レイアたちは、フォースの聖地を求めるファースト・オーダーの追っ手や、聖地の秘密を探る謎の組織に遭遇する。

登場人物

登場人物

登場人物

* ルーク・スカイウォーカージェダイ・マスターで、反乱軍のリーダー。
* レイア・オーガナ反乱軍のリーダーで、ルークの妹。
* ハン・ソロ反乱軍のパイロットで、ルークの友人。
* ダース・ベイダー帝国軍のシス卿で、ルークの父親。
* 皇帝パルパティーン帝国軍の皇帝で、ダース・ベイダーの師匠。
* オビ=ワン・ケノービジェダイ・マスターで、ルークの師匠。
* ヨーダジェダイ・マスターで、ルークの師匠。
* R2-D2アストロメク・ドロイドで、ルークの友人。
* C-3POプロトコル・ドロイドで、ルークの友人。
* チューバッカウーキー族の戦士で、ハン・ソロの友人。
* ランド・カルリジアンクラウドシティの管理者で、ハン・ソロの友人。

小説の重要性

小説の重要性

小説の重要性

小説は、スター・ウォーズ聖地の罠の物語にとって不可欠な要素です。それは、映画では描かれていない物語の側面を探求し、キャラクターの背景をさらに深く掘り下げることで、映画のストーリーをより豊かなものにするのに役立っています。小説はまた、映画の出来事の後、キャラクターに何が起こったかを明らかにし、映画の結末を補完しています。

小説は、映画のファンがスター・ウォーズの世界にさらに深く没入する機会を提供しています。小説を読むことで、ファンはキャラクターとより個人的なつながりを持ち、彼らの冒険をより深く理解することができます。小説はまた、ファンがスター・ウォーズの世界を探求し、映画では見ることができない新しい場所やキャラクターを発見する機会も提供しています。

小説は、スター・ウォーズ聖地の罠の物語をより深く理解し、楽しむための重要な要素です。小説を読むことで、ファンは映画のストーリーをより豊かに体験し、スター・ウォーズの世界にさらに深く没入することができます。

タイトルとURLをコピーしました