過ぎ行く風はみどり色|倉知淳のミステリー小説

スポンサーリンク

過ぎ行く風はみどり色|倉知淳のミステリー小説

過ぎ行く風はみどり色とは。

倉知淳作の1995年刊行の長編ミステリー小説「過ぎ行く風はみどり色」は、猫丸先輩シリーズの一作です。

「過ぎ行く風はみどり色」あらすじ

「過ぎ行く風はみどり色」あらすじ

かつて警察官だった倉知淳のミステリー小説「過ぎ行く風はみどり色」は、主人公の倉知が郷里の信州で起きた殺人事件を捜査する物語である。ある日、倉知の元に中学時代の同級生である古賀京子から一通の手紙が届く。その手紙には、古賀の家に幽霊が出没するという内容が書かれていた。倉知は古賀の家に滞在しながら、幽霊の正体を突き止めようと捜査を開始する。

倉知は捜査を進めるうちに、古賀の家にまつわる様々な謎が明らかになっていく。古賀の夫である古賀剛史は、5年前に交通事故で死亡していた。しかし、剛史の死後も、古賀の家の周辺で剛史の目撃情報が相次いでいた。さらに、倉知は古賀の家の地下室で、幽霊の正体を示唆するような日記を発見する。

「過ぎ行く風はみどり色」の主要登場人物

「過ぎ行く風はみどり色」の主要登場人物

「過ぎ行く風はみどり色」の主要登場人物

「過ぎ行く風はみどり色」の主要登場人物は、主人公の倉知淳と、彼の親友である安達耕平の2人です。倉知淳は、東京の私立探偵であり、安達耕平は、地方の警察官です。2人は、幼い頃から親友であり、お互いに強い信頼関係で結ばれています。

倉知淳は、頭脳明晰で冷静沈着な性格の持ち主です。彼は、どんな事件でも、冷静に分析し、解決に導くことができます。また、彼は、正義感が強く、困っている人を助けるために、どんな危険も厭いません。

安達耕平は、倉知淳とは対照的に、感情的で行動的な性格の持ち主です。彼は、正義感が強く、曲がったことが大嫌いです。また、彼は、頼りがいがあり、倉知淳が事件を解決する上で、大きな助けとなります。

2人は、性格は違いますが、お互いに補い合って、事件を解決していきます。彼らは、難事件に挑み、次々と解決していきます。

タイトルとURLをコピーしました