闇の穴 – 藤沢周平の歴史小説短編集

スポンサーリンク

闇の穴 – 藤沢周平の歴史小説短編集

闇の穴とは。

「闇の穴」は藤沢周平による時代小説の短編集です。1977年に刊行されました。この短編集の中の「小川の辺」という短編は、2011年に篠原哲雄監督、東山紀之主演で映画化されました。

藤沢周平とは

藤沢周平とは

藤沢周平とは

藤沢周平は、1927年(昭和2年)に山梨県韮崎市で生まれ、2006年(平成18年)に亡くなった小説家です。本名は西澤潤一(にしざわ じゅんいち)といい、藤沢周平はペンネームです。

藤沢周平は、黒澤明監督の映画「七人の侍」に感銘を受けて、小説家を目指しました。1961年(昭和36年)に「花のいのち」で直木賞を受賞して、一躍有名になりました。その後も「蝉しぐれ」「時雨の記」「雲霧仁左衛門」など、数多くのヒット作を生み出しました。

藤沢周平の作品は、主に江戸時代を舞台にした時代小説です。武士の生き様や、人間関係などを丁寧に描いた作品が多く、多くの人々に愛されています。藤沢周平は、2006年(平成18年)に紫綬褒章を受章しました。

闇の穴という短編集について

闇の穴という短編集について

「闇の穴」は、藤沢周平の時代小説短編集である。表題作「闇の穴」は、江戸時代のとある藩を舞台とした短編で、家老と浪人の運命を描いた物語である。

「闇の穴」という短編集は、藤沢周平の代表作の一つであり、多くの読者から愛されている。表題作「闇の穴」は、藤沢周平の時代小説の真骨頂ともいえる作品であり、人間模様の機微を繊細に描いている。

この短編集には、「闇の穴」のほかに、「流れる」「隠し砦」「出世街道」「棟方」「金貸し佐平治」「町奉行」「宿場町」「剣客」「雪明かり」の全10編が収録されている。これらの短編は、いずれも藤沢周平の時代小説の醍醐味を味わえる作品である。

藤沢周平の時代小説は、その時代考証の確かさと、人間模様の機微を繊細に描いた心理描写に定評がある。「闇の穴」という短編集は、藤沢周平の時代小説の真骨頂ともいえる作品であり、多くの読者から愛されている。

映画化された「小川の辺」

映画化された「小川の辺」

-映画化された「小川の辺」-

藤沢周平の歴史小説短編集「闇の穴」には、1981年に映画化された「小川の辺」という作品が収録されている。この作品は、安芸国福山藩を舞台に、藩主の側近である米沢伝八郎が、藩の乗っ取りを企む一派の陰謀を阻止するまでを描いた物語である。

映画版では、伝八郎を役所広司、伝八郎の妻を松田美由紀、一派の首謀者である土方平左衛門を伊武雅刀が演じた。監督は、テレビドラマ「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」などで知られる松尾昭典である。

映画は、伝八郎が藩主の命により、江戸へ向かう途中、土方平左衛門の一派に襲われるシーンから始まる。伝八郎は、一派の襲撃を辛くも逃れ、江戸に到着する。しかし、江戸では、土方平左衛門一派が藩の乗っ取りを企んでいるという情報を得る。

伝八郎は、一派の陰謀を阻止するため、単身で福山藩に戻る。そして、藩主の側近として、一派の動きを探り始める。やがて、伝八郎は、一派が藩の乗っ取りを実行に移す日を突き止める。伝八郎は、その日に先手を打ち、一派の陰謀を阻止する。

映画「小川の辺」は、藤沢周平の歴史小説「闇の穴」を原作とした、本格的な時代劇作品である。役所広司、松田美由紀、伊武雅刀など、豪華キャストが出演している。監督は、テレビドラマ「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」などで知られる松尾昭典である。映画は、藤沢周平の原作の世界観を忠実に再現しており、時代劇ファンにはたまらない作品となっている。

タイトルとURLをコピーしました