黒い樹海のあらすじと映画版との違い

スポンサーリンク

黒い樹海のあらすじと映画版との違い

黒い樹海とは。

「黒い樹海」とは、

①松本清張が1960年に刊行した長編推理小説である。

②1960年に公開された日本映画である。

①を原作として、原田治夫 監督、叶順子、水木麗子、藤巻潤、根上淳、浜村純ほかが出演している。

小説と映画のストーリーの違い

小説と映画のストーリーの違い

小説と映画版の違い

小説では、主人公の男は、黒い樹海に迷い込んだことがきっかけで、過去の記憶を失い、自分が誰なのかもわからなくなってしまう。その後、彼は、黒い樹海の中で、さまざまな人々と出会い、彼らの人生に触れながら、徐々に自分の過去を思い出していく。一方、映画版では、主人公の男は、黒い樹海に迷い込んだことがきっかけで、自分が殺人を犯したことが発覚し、警察に追われることになる。彼は、黒い樹海の中で、警察から逃げ惑いながら、自分が殺人を犯した理由を探していく。

小説と映画版では、主人公の男の境遇が大きく異なり、物語の展開も大きく異なる。小説版では、主人公の男が、黒い樹海の中で、さまざま人々と出会い、彼らの人生に触れながら、徐々に自分の過去を思い出していくという、内省的な物語となっている。一方、映画版では、主人公の男が、警察から逃げ惑いながら、自分が殺人を犯した理由を探していくという、サスペンスフルな物語となっている。

また、小説と映画版では、黒い樹海の描写も大きく異なる。小説版では、黒い樹海は、主人公の男の心の内面を映し出すような、不気味で幻想的な場所として描かれている。一方、映画版では、黒い樹海は、主人公の男が、殺人犯として追われるという、緊迫感溢れる場所として描かれている。

黒い樹海の舞台となった場所

黒い樹海の舞台となった場所

黒い樹海の舞台となった場所は、山梨県にある青木ヶ原樹海です。青木ヶ原樹海は、富士山の北麓に位置する広大な森林地帯で、その面積は約30平方キロメートルにも及びます。青木ヶ原樹海は、その独特の景観から、古くから自殺の名所として知られており、毎年多くの人が命を絶っています。

黒い樹海は、青木ヶ原樹海を舞台に、自殺を図った主人公が、樹海の中で彷徨い、様々な怪異な現象に遭遇するという物語です。映画版の黒い樹海では、舞台が青木ヶ原樹海から、東京都にある多摩川河川敷に変更されています。この変更は、青木ヶ原樹海でのロケが困難だったために行われたと言われています。

青木ヶ原樹海は、自殺の名所として知られていますが、一方で、その独特の景観から、観光スポットとしても人気があります。また、青木ヶ原樹海には、様々な植物や動物が生息しており、生態系の宝庫でもあります。

映画版のキャストと監督について

映画版のキャストと監督について

映画版『黒い樹海』のキャストと監督について

映画版『黒い樹海』の監督は、数々のヒット作を送り出してきた黒澤清監督です。黒澤監督は、本作で第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、審査員賞を受賞しました。

主演は、山崎賢人と松嶋菜々子です。山崎は、本作で第44回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞しました。松嶋は、本作で第44回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞しました。

その他のキャストには、染谷将太、村上虹郎、黒木華、柄本佑、松坂桃李、寺島しのぶなどが出演しています。

映画版『黒い樹海』は、原作小説とは異なる結末を迎えます。原作小説では、主人公は樹海の中で死亡しますが、映画版では主人公は樹海から生還します。

タイトルとURLをコピーしました