宇宙戦艦ヤマト2199に登場するポルメリア級強襲航宙母艦

スポンサーリンク

宇宙戦艦ヤマト2199に登場するポルメリア級強襲航宙母艦

ポルメリア級強襲航宙母艦とは。

「宇宙戦艦ヤマト」シリーズのひとつである「宇宙戦艦ヤマト2199」に登場する、ガミラス帝国の宇宙空母がポルメリア級強襲航宙母艦です。地球の侵略を試みる同帝国の宇宙戦艦です。全長は383.8メートルです。

ポルメリア級強襲航宙母艦の基本情報

ポルメリア級強襲航宙母艦の基本情報

ポルメリア級強襲航宙母艦の基本情報

ポルメリア級強襲航宙母艦は、アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」に登場する架空の宇宙戦艦です。ガミラス帝国が主力艦隊として使用する大型宇宙戦艦であり、その圧倒的な火力と攻撃力は、地球防衛軍を震え上がらせました。

ポルメリア級強襲航宙母艦は、全長300メートル、全幅200メートル、全高100メートルの巨大な宇宙戦艦です。艦載機を多数搭載することができ、その攻撃力はまさに「宇宙の要塞」と呼ぶにふさわしいものです。また、強力な防御システムを備えており、敵の攻撃にも耐えることができる堅牢な艦であることが特徴的です。

ポルメリア級強襲航宙母艦の武装は、主砲である120mm連装砲塔を4基、副砲である75mm連装砲塔を8基、近接防御機関砲を多数装備しています。また、艦載機として、戦闘機、爆撃機、輸送機を多数搭載しており、あらゆる戦況に対応することが可能です。

ポルメリア級強襲航宙母艦は、ガミラス帝国の主力艦隊として、地球侵攻作戦に参加しました。その圧倒的な火力で、地球防衛軍を圧倒し、地球を危機に陥れました。しかし、地球防衛軍の反撃により、ポルメリア級強襲航宙母艦は撃沈され、ガミラス帝国の地球侵攻作戦は失敗に終わりました。

ポルメリア級強襲航宙母艦の構造と特徴

ポルメリア級強襲航宙母艦の構造と特徴

-ポルメリア級強襲航宙母艦の構造と特徴-

ポルメリア級強襲航宙母艦は、ガミラス帝国が開発した強襲揚陸艦であり、帝国海軍の主力艦である。艦名の由来は、ガミラス星にある花の名からとられている。

ポルメリア級の全長は430メートル、全幅175メートル、全高90メートルと、ガミラス帝国の艦艇の中で最大級の規模を誇る。船体は、前部甲板に艦橋とハンガー、後部甲板に飛行甲板と揚陸デッキを備えている。艦首には、敵艦を攻撃するための主砲と副砲を装備している。

また、艦内には、人員輸送のための居住区や、物資輸送のための貨物区、戦闘機の格納庫や整備工場などを備えている。さらに、艦尾には、艦載機の離着陸のための飛行甲板を備えており、最大で100機以上の戦闘機を搭載することができる。

ポルメリア級の最大の特徴は、その強力な攻撃力と防御力である。艦首には、ガミラス帝国の最新鋭兵器であるウェーブモーションガンを搭載しており、一撃で惑星を破壊するほどの威力を持つ。また、艦体には、ガミラス帝国で開発された最新の装甲材を使用しており、敵艦からの攻撃に強い耐性を持っている。

その圧倒的なパワーを引っさげてポルメリア級は、ガミラス帝国の侵攻作戦で重要な役割を果たし、その強さを地球防衛軍に知らしめることとなる。

ポルメリア級強襲航宙母艦の搭載兵器と兵装

ポルメリア級強襲航宙母艦の搭載兵器と兵装

-ポルメリア級強襲航宙母艦の搭載兵器と兵装-

ポルメリア級強襲航宙母艦は、主に惑星陸上への強襲作戦を主任務とする艦です。そのために、強力な武器と兵装を備えています。

主砲は、艦首に装備された3連装120mm陽電子ショック砲です。この砲は、艦載機を護衛するためや、敵艦を攻撃するために使用されます。また、艦首と艦尾には、単装150mm陽子ビーム砲が装備されており、これは艦載機に対する援護射撃や敵艦に対する攻撃に使用されます。

対空火器としては、艦橋に2基装備された4連装30mm機関砲と、艦載機の離発着スペース周辺に装備された20mm機関砲があります。これらの機関砲は、敵の戦闘機やミサイルを迎撃するために使用されます。

また、ポルメリア級強襲航宙母艦は、艦載機を搭載しており、これらは主に惑星陸上への強襲作戦に使用されます。艦載機は、戦闘機、爆撃機、輸送機の3種類があり、それぞれが異なる役割を担っています。

戦闘機は、敵の戦闘機や爆撃機を撃墜することを任務としており、爆撃機は、敵の地上施設を攻撃することを任務としています。輸送機は、兵員や物資を惑星陸上まで輸送することを任務としています。

タイトルとURLをコピーしました