「赤い指」:東野圭吾の傑作推理小説

スポンサーリンク

「赤い指」:東野圭吾の傑作推理小説

赤い指とは。

「赤い指」は、2006年に刊行され、東野圭吾の人気シリーズである加賀恭一郎シリーズに属する長編推理小説です。

赤い指の概要とあらすじ

赤い指の概要とあらすじ

「赤い指」は、東野圭吾が1999年に発表した長編推理小説である。2006年には、映画化され、2015年には、テレビドラマ化された。

「赤い指」は、東京都内のとあるアパートに引っ越してきた女子大生・神崎莉花が、引っ越し先の部屋の壁に赤い指の絵が描かれていることに気づくことから始まる。莉花は、その絵に違和感を感じ、不動産屋に相談するが、不動産屋は、「気にしなければいい」と取り合わない。莉花は、その後も、赤い指の絵に悩まされることになる。

ある日、莉花は、同じアパートに住む女子大生・岡崎美奈と知り合いになる。美奈は、莉花に、自分が住んでいた部屋にも赤い指の絵が描かれていたことを打ち明ける。二人は、赤い指の絵の謎を解き明かそうと、調査を始める。

莉花と美奈は、調査を進めるうちに、赤い指の絵は、アパートに引っ越してきた女子大生が必ず見ることになる幻覚であることを知る。莉花と美奈は、なぜ赤い指の絵が幻覚として見えるのか、その理由を探ろうとする。

莉花と美奈は、調査を進めるうちに、アパートの管理人に赤い指の絵の謎を知っていることを知る。管理人は、莉花と美奈に、アパートに引っ越してきた女子大生が赤い指の絵を見るようになるのは、アパートにまつわるある悲しい事件がきっかけであることを打ち明ける。

赤い指の魅力と見どころ

赤い指の魅力と見どころ

「赤い指の魅力と見どころ」

「赤い指」は、東野圭吾の傑作推理小説です。1999年に刊行され、2006年に映画化もされました。この小説は、謎が謎を呼ぶ展開と、意外な結末で読者を魅了する作品です。

「赤い指」の魅力のひとつは、謎が謎を呼ぶ展開です。主人公の刑事・加賀恭一郎は、ある日、女子高生が殺害された事件を担当することになります。被害者の爪には赤いマニキュアが塗られており、そのマニキュアが犯人の手掛かりになると考えられます。加賀は、マニキュアの成分を調べたり、被害者の周辺を捜査したりして、犯人に迫っていきます。しかし、捜査は難航し、加賀は次第に事件の真相に近づいていきます。

「赤い指」の魅力のもうひとつは、意外な結末です。加賀は、事件の捜査を進めるうちに、犯人が意外な人物であることを突き止めます。その人物は、なんと被害者の父親でした。父親は、娘が強姦されたことを恨み、犯人を殺害したのです。加賀は、父親の犯行を暴き、事件を解決します。

「赤い指」は、謎が謎を呼ぶ展開と、意外な結末で読者を魅了する作品です。東野圭吾の傑作推理小説のひとつであり、多くの人におすすめできる作品です。

赤い指の映画化とドラマ化

赤い指の映画化とドラマ化

-# 赤い指の映画化とドラマ化

東野圭吾の傑作推理小説「赤い指」は、2006年に映画化され、2011年にはドラマ化されました。映画版は、妻夫木聡と松雪泰子が主演し、ドラマ版は、佐藤隆太と栗山千明が主演を務めました。

映画版は、原作小説を忠実に再現しており、妻夫木聡と松雪泰子の演技も光っています。ドラマ版は、原作小説をベースにしながらも、オリジナルの要素が加えられており、佐藤隆太と栗山千明のフレッシュな演技が魅力です。

映画版とドラマ版のどちらにも長所と短所がありますが、どちらの作品も東野圭吾の原作小説の魅力を十分に伝えています。映画版は、原作小説の雰囲気を重視しており、ドラマ版は、原作小説を現代風にアレンジしています。

どちらの作品も、東野圭吾の原作小説のファンはもちろん、ミステリー小説やサスペンスドラマが好きな人におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました