「駆ける少年」鷺沢萌による短編青春小説集

スポンサーリンク

「駆ける少年」鷺沢萌による短編青春小説集

駆ける少年とは。

「駆ける少年」は鷺沢萌による短編の青春小説です。1992年に出版され、第20回泉鏡花文学賞を受賞しました。この小説集には表題作である「駆ける少年」を含む、いくつかの短編が収録されています。

青春を駆ける少年少女たちの姿を描く

青春を駆ける少年少女たちの姿を描く

青春を駆ける少年少女たちの姿を描く

鷺沢萌による短編青春小説集「駆ける少年」は、青春を駆ける少年少女たちの姿をみずみずしく描いた作品集です。主人公たちは皆、それぞれに悩みや葛藤を抱えながらも、懸命に生きようとしています。

表題作の「駆ける少年」は、陸上部に所属する少年の物語です。彼は、全国大会出場という夢に向かって、厳しい練習に耐えながら日々を過ごしています。しかし、ある日、彼は怪我をしてしまい、夢を絶たれてしまいます。絶望に打ちひしがれる少年でしたが、仲間たちの支えもあり、再び立ち上がろうと決意します。

他の作品にも、それぞれに印象的な少年少女たちが登場します。受験勉強に苦悩する少女、初恋に悩む少年、いじめに遭う少年など、彼らの姿は、私たち自身の青春時代を思い出させてくれます。

鷺沢萌の小説の魅力は、何といってもその瑞々しい描写力にあります。少年少女たちの心情を細やかに描き出すことで、読者も彼らの内面に入り込み、ともに青春を駆け抜けることができます。また、鷺沢萌の小説には、いつも希望の光が差し込んでいます。どんなに苦しい状況でも、諦めずに頑張れば、必ず道は開けると教えてくれます。

「駆ける少年」は、青春の輝きを凝縮した一冊です。少年少女たちの姿に共感し、勇気をもらうことでしょう。

第20回泉鏡花文学賞を受賞した作品

第20回泉鏡花文学賞を受賞した作品

鷺沢萌による短編青春小説集「駆ける少年」は、第20回泉鏡花文学賞を受賞した作品です。この小説集は、青春時代特有の疾走感や戸惑いを繊細な筆致で描いた4つの短編で構成されています。

表題作の「駆ける少年」は、陸上部に所属する高校生・直輝が主人公の物語です。直輝は、大会で優勝するために厳しい練習に打ち込んでいます。しかし、ある日、同級生の女子生徒・美咲に恋をしてしまい、練習に集中できなくなってしまいます。直輝は、美咲への想いと陸上競技への情熱の間で苦悩します。

「ブルーバード」は、自転車部に所属する高校生・航平が主人公の物語です。航平は、親友の死をきっかけに自転車競技を辞めてしまいます。しかし、ある日、偶然出会った少女・由紀に自転車競技への情熱を再燃させられます。航平は、由紀と一緒に自転車競技大会に出場することを目標に練習を再開します。

「水泳部物語」は、水泳部に所属する高校生・渚が主人公の物語です。渚は、水泳が得意で、大会でも好成績を収めています。しかし、ある日、練習中に足を怪我してしまいます。怪我を治すために水泳を辞めなければならないと宣告された渚は、水泳への情熱を失ってしまいます。

「卒業式」は、高校を卒業する生徒たちを描いた物語です。卒業式の日に、生徒たちはそれぞれの進路について語り合います。中には、大学に進学する生徒もいれば、就職する生徒もいます。生徒たちは、それぞれの夢や希望を胸に、高校生活に別れを告げます。

鷺沢萌の「駆ける少年」は、青春時代特有の疾走感や戸惑いを繊細な筆致で描いた短編青春小説集です。青春時代を懐かしむ大人にも、現在青春時代を過ごしている学生にもおすすめです。

瑞々しい感性が光る珠玉の短編集

瑞々しい感性が光る珠玉の短編集

「瑞々しい感性が光る珠玉の短編集」

鷺沢萌による短編青春小説集「駆ける少年」は、瑞々しい感性が光る珠玉の短編集だ。思春期の繊細な心情や、大人への一歩を踏み出す若者の葛藤など、青春のあらゆる側面が生き生きと描かれている。鷺沢萌は、若者の心情を丁寧にすくいあげ、その移ろいを余すところなく表現することに成功している。

表題作の「駆ける少年」は、地方都市に住む少年・直也の物語だ。直也は、幼い頃からサッカーに夢中であり、プロサッカー選手になることを目指している。しかし、両親は直也の夢を反対し、大学進学を望んでいる。直也は、夢と家族の期待の間で悩み苦しむ。

「駆ける少年」は、直也の葛藤をリアルに描き出している。プロサッカー選手になるという夢と、家族の期待に応えるという現実の間で揺れる直也の姿は、多くの読者の共感を呼ぶだろう。また、直也を取り巻く友人や家族の描写も秀逸であり、人間関係の複雑さを巧みに表現している。

鷺沢萌の瑞々しい感性は、他の短編小説にも発揮されている。「夏の終わり」では、夏休みを目前に控えた高校生・美咲の物語が描かれている。美咲は、幼い頃から憧れている先輩・健太に告白することを決意する。しかし、健太は美咲の告白を拒否してしまい、美咲は傷ついてしまう。

「夏の終わり」は、美咲の初恋の苦さを切なく描き出している。健太に告白するまでの美咲のドキドキ感や、告白を拒否された後の美咲の悲しみは、多くの読者の共感を呼ぶだろう。また、美咲を取り巻く友人や家族の描写も秀逸であり、人間関係の複雑さを巧みに表現している。

鷺沢萌の短編青春小説集「駆ける少年」は、瑞々しい感性が光る珠玉の短編集だ。思春期の繊細な心情や、大人への一歩を踏み出す若者の葛藤など、青春のあらゆる側面が生き生きと描かれている。鷺沢萌は、若者の心情を丁寧にすくいあげ、その移ろいを余すところなく表現することに成功している。

タイトルとURLをコピーしました