「スクールバスは渋滞中」解説

スポンサーリンク

「スクールバスは渋滞中」解説

スクールバスは渋滞中とは。

「渋滞中のスクールバス」は、赤川次郎氏の長編ミステリー小説です。1992年に刊行され、「南条姉妹」シリーズの一作目にあたります。

赤川次郎の長編ミステリー

赤川次郎の長編ミステリー

赤川次郎の長編ミステリー

「スクールバスは渋滞中」は、赤川次郎の長編ミステリーだ。1988年にハヤカワミステリ文庫から刊行された。スクールバスを舞台に、バスジャック事件と人質事件が起きる。主人公は、バスジャック犯に取り囲まれたスクールバスの乗客の1人である小学生の男の子だ。彼は、バスジャック犯に立ち向かい、人質を救出する。

本作は、赤川次郎の代表作の1つだ。スクールバスでのバスジャック事件という緊張感あるシチュエーションと、小学生の男の子がバスジャック犯に立ち向かうという痛快な展開で人気を博した。また、作中には、バスジャック事件の犯行動機を巡って、人間の心理や社会の闇など、さまざまな問題が提起されている。

「スクールバスは渋滞中」は、赤川次郎のミステリー小説の醍醐味を味わえる作品だ。緊張感ある展開と意外な結末は、読者を最後まで楽しませる。また、作中に提起されているさまざまな問題は、読者に考えさせるものがあるだろう。

1992年刊行

1992年刊行

「スクールバスは渋滞中」は、1992年に刊行された佐木隆三のノンフィクション作品です。本書は、1988年に起こった和歌山毒物カレー事件を題材に、事件の背景や犯人の動機を丹念に追跡したものです。

本書の中で、佐木隆三は、事件を起こした林眞須美の生い立ちや家庭環境を詳しく調べ、彼女がいかにしてカレー事件を起こすに至ったかを明らかにしています。また、佐木隆三は、事件当時の和歌山県の教育委員会や警察の対応を批判し、事件の再発防止を訴えています。

「スクールバスは渋滞中」は、和歌山毒物カレー事件の真相を明らかにしただけでなく、日本の教育の問題点や社会の歪みをも浮き彫りにした作品として、大きな反響を呼びました。本書は、現在でも読み継がれているノンフィクションの名作の一つです。

南条姉妹シリーズ

南条姉妹シリーズ

-南条姉妹シリーズ-

「スクールバスは渋滞中」に登場する南条姉妹は、主人公の麻琴の親友である南条沙紀と南条香織の姉妹です。沙紀は聡明で冷静な性格の姉で、香織は天然でマイペースな性格の妹です。沙紀は麻琴の良き相談相手で、香織は麻琴の癒し的存在です。

沙紀は成績優秀で、麻琴とは同じクラスメイトです。沙紀は麻琴の勉強をサポートし、麻琴は沙紀の心の支えとなっています。香織は麻琴とは違うクラスメイトですが、麻琴とは仲が良く、よく一緒に遊んでいます。香織は麻琴をいつも笑顔にしてくれる存在です。

南条姉妹は麻琴にとってかけがえのない親友であり、姉妹です。沙紀は麻琴の良き相談相手で、香織は麻琴の癒し的存在です。南条姉妹は麻琴の高校生活を彩る大切な存在です。

タイトルとURLをコピーしました