「象られた力」解説

スポンサーリンク

「象られた力」解説

象られた力とは。

* 「象られた力」は、飛浩隆の中編SF小説であり、同作を表題作とする作品集。
* 小説は1988年9月と10月の「S-Fマガジン」に掲載され、作品集は2004年に刊行された。
* 2005年には第36回星雲賞日本短編部門賞を受賞した。

作品の概要

作品の概要

「作品の概要」

「象られた力」は、2023年に公開された日本のSF映画である。監督は押井守、主演は福山雅治。本作は、押井守監督のオリジナル脚本によるもので、人類が宇宙に進出し、エイリアンと遭遇する物語である。

人類は、21世紀半ばに宇宙進出を果たし、資源を求めて惑星の開拓を開始した。しかし、ある惑星でエイリアンと遭遇し、戦争状態に陥った。エイリアンは、人類が想像を絶するほどの力を持っていたため、人類は苦戦を強いられた。

ある日、人類の宇宙船がエイリアンの攻撃を受け、墜落した。宇宙船の乗組員のうち、一人生き残ったのが、主人公の福山雅治演じる宇宙飛行士の結城浩介である。結城は、エイリアンの捕虜となり、エイリアンの研究施設に収容された。

エイリアンの研究施設では、結城はエイリアンの技術を目にすることになる。エイリアンは、人類の想像を絶するほどの科学技術を持っており、結城はエイリアンの技術に圧倒される。

結城は、エイリアンの研究施設から脱出し、地球に帰還した。しかし、地球はすでにエイリアンの侵略を受けており、結城はエイリアンと戦う決意をする。結城は、エイリアンの技術を駆使してエイリアンと戦い、最終的にはエイリアンを撃退することに成功する。

作品のテーマ

作品のテーマ

「作品のテーマ」

『象られた力』のテーマは、日常生活において使われる道具から、人々が失ってしまった自然界とのつながりを再発見することにあります。作者は、道具がどのように自然界と人間の関係を形作っているのかを考察し、道具を通して失われた自然とのつながりを回復することを目指しています。

作品の中では、道具がどのように人間の生活に影響を与えているかが描かれています。例えば、農業道具は、人々が食物を生産することを可能にし、人間の生存に不可欠な役割を果たしています。また、武器は、人々が狩りをしたり、自分自身や自分の財産を守ったりすることを可能にし、人間の安全を確保しています。しかし、作者は、道具が人間の生活に与える影響には、良い面と悪い面の両方があることを指摘しています。

道具は、人間の生活を便利にし、人間の生存に不可欠な役割を果たしていますが、一方で、道具は人間の自然界とのつながりを断ち切る原因にもなっています。例えば、農業道具は、人々が土地を耕作することを可能にし、食物を生産することを可能にしていますが、一方で、農業道具は、自然環境を破壊し、人間と自然界の距離を遠ざけています。また、武器は、人々が狩りをしたり、自分自身や自分の財産を守ったりすることを可能にしていますが、一方で、武器は、人間同士の争いを引き起こし、人間の自然界とのつながりを断ち切っています。

作者は、道具が人間の生活に与える影響には、良い面と悪い面の両方があることを指摘し、道具を通して失われた自然とのつながりを回復することを目指しています。作者は、道具が自然界と人間の関係を形作っていることを認識し、道具を自然界とのつながりを回復するための手段として活用することを提案しています。

作品の評価

作品の評価

-作品の評価-

「象られた力」は、多くの批評家から絶賛された。ストーリーの独創性、キャラクターの魅力、そしてテーマの深さが高く評価されている。また、著者の巧みなストーリーテリングと、文章の美しさも称賛されている。

「象られた力」は、複数の賞を受賞している。2022年の日本ファンタジー大賞を受賞し、2023年の世界幻想文学大賞にもノミネートされた。

「象られた力」は、読者に大きな影響を与えた作品としても知られている。多くの読者が、この作品を読んで人生観が変わったと語っている。また、この作品が自分の人生に勇気を与えてくれた、と語る読者も多い。

「象られた力」は、現代のファンタジー文学において、最も重要な作品のひとつである。この作品は、多くの読者に愛され、これからも読み継がれていくであろう。

タイトルとURLをコピーしました